« 雪印メグミルク株式会社を断罪する!卑劣極まりない酷い企業 | トップページ | 放射能被曝から逃げよう!フィリピン移住第二弾アンティポロ市 »

2012年6月 9日 (土)

キリンビバレッジは終焉ニッポンでまだ頑張っている企業かなぁ?

tacchyです。

キリン・ビールは、社内独自検査を下限値10ベクレルにして、それで出荷制限とのこと。

キリン・ビバレッジは、社内独自検査で、下限値を「一般飲料10ベクレル、乳製品2.5ベクレル、緑茶1ベクレル」にして出荷制限。去年までは全て10ベクレルだったのを基準を大幅に下げたとのことです。

このキリン・ビバレッジの姿勢はまだ評価できますね。望むなら一般飲料も、もっと下げてほしい(子供が飲むこと多いだろうから)ですけど、この方向なら今後、期待かな?

キリン・ビバレッジの「午後の紅茶ミルクティー」は、乳製品扱いではなく、一般飲料扱いで、牛乳も産地は国産としか公表できないそうです。

LB2045で、バックグランド8時間測定24時間で自己測定をしたら(下限値1ベクレル)、不検出でした。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

|

« 雪印メグミルク株式会社を断罪する!卑劣極まりない酷い企業 | トップページ | 放射能被曝から逃げよう!フィリピン移住第二弾アンティポロ市 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/54914893

この記事へのトラックバック一覧です: キリンビバレッジは終焉ニッポンでまだ頑張っている企業かなぁ?:

« 雪印メグミルク株式会社を断罪する!卑劣極まりない酷い企業 | トップページ | 放射能被曝から逃げよう!フィリピン移住第二弾アンティポロ市 »