« 被曝地獄から逃げるフィリピン移住第三弾セブ(1)リロアン:リゾート | トップページ | 横浜市民測定所へダークな金銭疑惑の糾弾と俺が実害受けている文句!など »

2012年6月15日 (金)

被曝地獄から逃げるフィリピン移住第四弾セブ(2)オスロブ町ホームステイ

tacchyです

被曝地獄から逃げよう第四弾はセブのパート2です。

セブ島南部のオスロブ町という片田舎。

ジンベアザメがよく集まるので世界中からダイバーが集まって、小さなリゾートも多く賑わっています。

ここで一軒家に住んでいらっしゃる(ご隠居様)日本人の方(奥様はフィリピン人)が、本当に好意だけで、部屋をひとつ間貸ししてくださるそうです。

一泊2000ペソで、三食付。

食事はフィリピン料理が多いと思いますが、かなり日本料理的にアレンジされたものもでます。

たまには、漁師さんが新鮮な魚やイカや伊勢海老を売りにくるので、刺身が食べられる時もありません。

あくまでも、このご隠居さんは商売ではなく、私の顔を立ててくれての好意だけでのご好意です。

先方からは「最低限、常識のある方」という話がきています。

私からいえば、このご隠居さんは奥様と一緒に韻書生活を満喫しているので、そのプライベートを侵害しない方という条件をつけさせて頂きます。

期間的には、1-3か月がいいとこだと思いますが、双方合意すれば、半年位まで可能かと思います。

このオスロブ近辺でも、アパートもあるし、部屋貸しはほかにあるので、このご隠居様のご自宅でセブの様子をみてみてから、長期滞在するなら、自力(若しくは、私の知り合いのマクタン在住女性にヘルプをお願いしようと思っています。このご隠居さんは、あくまでも部屋と食事を提供してくれるだけで、原則、ヘルプはしません!そこをご理解いただければと思います。

また、オスロブにいれば、都会のセブシティや、隣島のマクタンなど公共交通で見学にいけます。

ので、オスロブでセブを感じ取っていただき、いずれの移住や長期滞在は、セブの他の地ということはできますね☆

私もヘルプは可能な限りいたします。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

|

« 被曝地獄から逃げるフィリピン移住第三弾セブ(1)リロアン:リゾート | トップページ | 横浜市民測定所へダークな金銭疑惑の糾弾と俺が実害受けている文句!など »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/54966125

この記事へのトラックバック一覧です: 被曝地獄から逃げるフィリピン移住第四弾セブ(2)オスロブ町ホームステイ :

« 被曝地獄から逃げるフィリピン移住第三弾セブ(1)リロアン:リゾート | トップページ | 横浜市民測定所へダークな金銭疑惑の糾弾と俺が実害受けている文句!など »