« 財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くない | トップページ | なぜ暗殺を覚悟しないとニッポンの「景気がよく」ならないのか?消費税をあげたら日本経済は終焉するが、デフレ不況吹っ飛ばして世界一の経済大国になろうぜ、おう! »

2012年8月 3日 (金)

CIAからの暗殺覚悟を宣言した真の愛国者:亀井静香先生 消費税反対!政府紙幣を国民にばら撒こうぜ、おう!

tacchyです。

経済通で憂国の真の愛国者:亀井静香先生が公に宣言をいたしました。

書き起こしです。

亀井静香先生「野田政権はアメリカの召使い。たとえCIAに暗殺されることになろうとも、(脱原発、反増税、反TPP、反オスプレイを)成し遂げてみせる。これがわたしの最期の闘い」

これまでもCIAエージェントの小泉純一郎竹中平蔵と死闘を繰り広げててきたのは皆様もご存じの通り。

また経済通で、「政府紙幣発行50兆円」マニフェスト公約明言(私個人の希望はこの12倍です)、そして常にこれまでの政治実績、一度も公約破り等したことがない潔癖者。

そして、逆に、深刻なデフレ不況打破の為、大規模な財政出動をして、全国民(特に庶民を視野においている田中角栄先生と一緒)を豊かにすること明言してます。

自民党時代の建設大臣時代や。国民新党時代の金融大臣の時代をみても、総理はじめ閣僚のいうことは全く無視して、庶民、零細企業、中小企業、自営業者などのために自分の信念をごり押ししてきた「国家的英雄」です。

もちろん、経済通ですから、消費税をあげる必要が全くないと百も承知どころかあげたら日本経済が終焉するとご存じ。「消費税反対」の根拠とそれよりもっと重要なデフレ不況脱却と日本経済復活の具体的経済政策案をもっている。

御存じない方は、前記事のご親族の亀井亜紀子議員にまつわる記事を参照のこと

財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くない

http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/07/post-c9c6.html

少々古い著作ですが、亀井静香先生著「ニッポン劇的大改造」は、アマゾンで「たった1円」の出品が多いので、ぜひご覧になってください。亀井静香先生は具体的に「いかに日本国が世界一の金満国家であるか」を説明、「本当なら、国民全員が遊んで暮らしていける状況」と明言・詳細説明しています。

本来、マトモな国なら軍事クーデターが絶対に起きる状況。

でも日本人は働くこと・生産すること好きですから、それを知ったうえで、亀井静香先生の経済政策で「全国民が豊かに暮らし」になりながら働き・生産をしましょうよ☆

己が創設した、しかも与党の、党首でありながら、もちろんこの信念曲げずに、理不尽にもその党首をクビになろうとも、野田に「お前の政治生命はこれ(消費税)で終わりだ」と恫喝した亀井静香先生。

アメリカCIA(ユダヤ金融家影響濃いモサド傘下に成り果てている)は、政府紙幣を発行しようとしたリンカーン大統領・ケネディ大統領を暗殺した実績があります。

だから、亀井先生(政府紙幣発行公約)も暗殺覚悟まさしく本当に生命を賭けているんでしょうが、CIAは日本国内では、歴史的にみても、田中角栄先生や小沢一郎さんのように、「暗殺」ではなく「偽汚職」での逮捕をします。

万が一、亀井静香先生が逮捕されたら、絶対濡れ衣の冤罪ですから、国民とくに庶民の皆様はそれに気づきをお願いいたします。

「誰が本当に庶民をみていて心配しているのか」、見誤ると大変なことになってします。良い例が田中角栄先生です。国民支持率85%が示すよう真に庶民たちが潤って国家繁栄で敗戦国を経済大国にしました。私が子供(幼稚園)の頃、「魔法使いサリー」放映の時間になると近所の子供達が自然に我が家に集まってきました。しかし田中角栄先生の庶民メインに国民全体を潤す経済政策が成功し「魔法使いサリー」が「カラー化」する頃には近所の全ての家がカラーTVを購入したほどの実体験あります。あの頃の日本人は全員、イキイキとしていた。ところが、CIAの陰謀で逮捕、マスコミまでCIAの指示に従い「錦鯉一匹500万円」とか実にくだらない喧伝をし庶民は騙された。それが証拠に、次の三木総理がクリーン政治を謳ったところ「心身症(今なら鬱病診断でしょう)」診断の患者続出、一挙に国民が暗くなったでしょう。

亀井先生が逮捕のとき、私もその時は必死に動き回ります。

頑張れ!全国民の為に亀井静香先生!おう!

-----------------------------------

下記はあくまで自民時代の亀井静香先生のマニフェストであり、現在の亀井静香先生は、唯一、大規模財政出動の「財源」に「無利子国債」=「政府紙幣発行」(政府の「純利益」に計上できる)を公約、そしてそのお金を国民に直接ばらまく方針も視野にいれています。

ほんの参考だけに;つまりずっと亀井静香先生は「景気がよくなる」ことをずっと主眼においているということです。真に庶民や零細企業や中小企業を見続けて心配していらっしゃることを示したいだけです。

【あくまでも参考経済政策:古いけど自民党時代亀井静香先生の公約、もうネットにログがないレア物(私がパソコンに保存していた)】

日本経済の完全回復「財政再建」

(現状の問題点)
財政支出の量的制限という手法に固執し借金は減らしているが、その結果国民所得も減少。財政の健全化は分母(国民所得)と分子(借金)の相対的関係で成り立っていることを無視し、益々景気を悪化させている。

(具体的解決策)
民間に元気がない時には政府が思い切った財政出動をする。真水で10兆円、事業規模で50兆円、国債を発行し内需を拡大する。当面借金は増えるが、それによって景気が良くなり、国民所得も上がり、税収が増える。5年間ブレーキを踏まなければ、税収の増加で新規発行の国債は自然と減っていく。
生活を豊かで便利なものにし、環境を守る公共事業は必要だが、そうでないのはやってはならないという信念で無駄な公共事業を大胆に切り、都市・地方を再生する為の社会資本及び生活環境整備に着手する。
▲国際的な拠点空港を作る
▲都市の「開かずの踏切」をトンネル化する
▲電線を地中化して共同溝に高速光ファイバーを通す
▲農漁村の水洗トイレの普及
▲高速道路の無料化
▲高規格道路の整備
▲開発による自然環境の悪化を防ぎ、森林の再生、せせらぎを残す河川改修など。

「金融安定化による経済安定」
(具体的解決策)
(1) ペイオフ、時価会計、減損会計を無期延期、デフレを解消した上で日本に適合するものだけ取り入れる。
(2) 地域金融機関の自己資本比率を当面、現状で維持する。
中小企業の実情に即した融資検査マニュアルを策定する。中小企業保障制度の拡充をはかると共に具体的に5年の返済猶予を与える等。
(3) 投資減税を拡大し設備投資、研究及び技術開発への投資を促進させる。不良債権処理を強行させないで、企業を倒産させずに雇用を守る。
以上の経済政策を実行、マイナス成長路線からプラス成長に転換し3年以内に実体経済を成長軌道にのせる。更に国内だけでなく世界経済にも責任を持たなければならない。

【追記】補足記事を書きました。

なぜ暗殺を覚悟しないとニッポンの「景気がよくならない」のか?消費税をあげたら日本経済は終焉するが、デフレ不況吹っ飛ばして世界一の経済大国になろうぜ、おう!

亡国の消費税法案可決でも、それヒックリかえして日本国の「景気を良くする」活動を続け消費税は0(ゼロ)かマイナスへ、経済政策決起行動も視野におこうぜ、防衛省・自衛隊の諸君に告ぐ

亡国の消費税法案可決でも、それヒックリかえして日本国の「景気を良くする」活動を続け消費税は0(ゼロ)かマイナスへ、経済政策決起行動も視野におこうぜ、防衛省・自衛隊の諸君に告ぐ

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

|

« 財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くない | トップページ | なぜ暗殺を覚悟しないとニッポンの「景気がよく」ならないのか?消費税をあげたら日本経済は終焉するが、デフレ不況吹っ飛ばして世界一の経済大国になろうぜ、おう! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/55343375

この記事へのトラックバック一覧です: CIAからの暗殺覚悟を宣言した真の愛国者:亀井静香先生 消費税反対!政府紙幣を国民にばら撒こうぜ、おう!:

« 財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くない | トップページ | なぜ暗殺を覚悟しないとニッポンの「景気がよく」ならないのか?消費税をあげたら日本経済は終焉するが、デフレ不況吹っ飛ばして世界一の経済大国になろうぜ、おう! »