ニュース

2008年11月16日 (日)

バナナダイエット流行収束?

tacchyです。

日本では、TVが原因で、バナナダイエットが大流行となり、スーパーで売り切れ
の状態が続いていました。
が、もう収束したようで、売り切れることはなくなりました。

これは、熱しやすく冷めやすい日本人の特性?

あるいは、思ったような効果がすぐでなかったから?

私は後者だと思います。

あの方法だと、体質改善的なものなので、長期でやらないと意味が薄れるんじゃ
ないかと。
即効の効果を信じた購買層が、効果が即日ないということで、急激に話題が落ち
たんじゃないでしょうか?

そういう私は、現在、ダイエット中です。76キロまでいってしまい、中性脂肪
も高い値をだしてしまった。夏に食べ過ぎた。

私のダイエットでは、バナナも取り入れています。それをアレンジしています。

3キロダウンまではすぐでしたが、現在、そこで足踏み状態。
70キロジャストにしたいのですが、73キロです。

まぁいいっか、ってなるかもしれませんが、やはり達成したいですね。
(因みに、身長176cmです)

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

道路交通法の劇的変化

tacchyです。

ここ数年の道路交通法ほかの劇的変化はめまぐるしいほどです。

10年以上も前なら、酒気帯びもしくは酒気帯びまでいかない状態で、運転をするのは、かなり寛容でした。

まぁ、酒気帯びについては、別稿で連載をしたいですね。

現在、私は90日の免停(お金を払って45日に短縮)中なので、自動車や原付の運転ができません。

それで、自転車を購入、最近、使っています。

この自転車などの軽車両に関しても、道路交通法がうるさくなってきています。

まぁ、ことこのことは賛成かな。

歩道を歩いていて、後ろなどからくる自転車が人をどかせようとチリンチリンならすのは、非常識ですし、人ー自転車の事故を誘発もします。また、自転車は、歩行者の邪魔をするのは非常識です

自転車禁止の歩道も多いですね。これらは、道路交通法を改正したのだし、警察だけじゃなく民間も使って、どんどん取りしまわないといけない。

わたくしが自転車で使う歩道は自転車も走行可の標識があるので、基本は歩道をはしります。しかし、歩道がたてこんでいれば、自由に車道走行にも切り替えられる。

これは、自転車の特別な特権ですね。

酒気帯び&飲酒運転も、自転車は軽車両だから、本来はいけないのですが、実質、現状では容認?みてみぬふりをしている。

自転車などの軽車両への取り締まりなどをもっと具体化などしていく必要がありますね。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

秋葉原通り魔殺人事件

tacchyです。

ちょっと古い?話題になりましたが、秋葉原で通り魔連続殺人事件がおき、またその後も大混乱しています。

なくなられた方などには、心からお悔やみ申し上げます。

この事件の背景はいくつかあります。

ゲームなどがあまりに発達してしまい、また生活に実害がでるくらいそのゲームに嵌り、ここまではまだ個人的なことだからいいとしても、その結果、実際の人間関係などがうまくいかない、という日本人(特に若い人)が続出している。

私はIT技術者ですが、殆どゲームをやりません。

秋葉原関係では、とくに、「エロゲー」(エロゲーム)の俗称のマニアが多いケースが多い。

このエロゲーですが、そんな過激な内容ではないものが多いようですが、ともかくゲーム上で、女性と、いちゃいちゃをする、というソフト感覚のものが多いです。こういうものを家にこもってずっとやっている男性は、全員ではないですが、現実社会の女性と、友人として、また恋人として、付き合うことができない。

エロゲーそのものの出来映えがよいというのもあるのでしょうが、やはり、社会がゆがんでしまった産物なのではないか、とおもえてならない。

AV(アダルトビデオ)も、日本では発達しすぎてしまい、下手に女性と交際するより、家でAVをみていたほうがいい、という日本人男性も急増しています。

こういったバックグランドがある限り、この類の事件はまた起きますでしょうし、形態をかえても発生するでしょう。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

言論の自由を封じる(憲法違反)悪新聞社。内海よ、巨人に退団願をだせ!野球ファンの叫び

tacchyです。

横浜ベイスターズのオフィシャルページで、加藤武治さんがよいことをいっています。

内容としては、「来期オレがクローザーやってやる!」という宣言なのですが(頼もしいことです)、

まぁ、横浜ベイスターズは、正直いって、この加藤武治さんをはじめ、

セットアッパー得意の投手がかなりの数いるので、クルーンひとりの退団は、なんら影響ないのは、横浜スタジアムへ通いつめたファンならよくわかっています。

後半は、数多い投手でチームを組んで、その時一番調子がよい選手がクローザーをやればイイ。

大矢監督は、「31セーブがいなくなるのはきつい」とコメントしているけど、どこまで本気なのか?ただ、巨人を揶揄したいだけなんじゃないの?

クルーン、今年メチャ調子悪かったですが、なにしろクルーンは絶対守護神ではなかったので、クルーンが駄目でも、ほかの投手がクルーンの後ろにもきていました☆横浜ベイスターズは、投打で、セリーグ一、後半に強い☆

クルーン個人からは、私の家族も色々よくしてもらって感謝しておりますが、メディカル・チェック拒否では、交渉そのものができません。いらないですよ。

横浜ベイスターズ球団は、ちゃんとクルーンがメディカル・チェックを受けてその結果により、3億5千万エンだしてあげてもイイというやさしい態度だったんですからね。球団は正しい。

どうせ、出来レースだったんだろうし。(野球規則違反)巨人がね。7月からマスコミにリークされていたし(苦笑)、いい加減、プロ野球球団をもつの禁止にできないかねぇ、・・・もちろん巨人ね。

よくもまぁ、こんな酷い怪我持ちを巨人(東京読売巨人軍)は、とったなぁ。豊田で懲りなてない、という頭の悪さ爆発ですね。どうせなら、巨人では指導できない豊田を横浜かパリーグに出せよ。マナーとして。横浜やパリーグの投手コーチなら豊田を再生できるし、豊田の力をだせる起用ができるんだから。

さて、加藤武治さんがいいことをいってました。

そこだけ、引用してしまいます。

加藤武治さん僕の考えでは『エースと4番と抑えは生え抜き』から出てくるのがいいと思っています。」

さすが加藤さん、男が男に惚れる言葉だ。1000万減の年棒7,500万の加藤さん、がんばれ☆ ☆ ☆ そりゃ、ファンは、加藤さんについていくわ、どこまでも。

その心が大事ですね。

一応、まがりなりにも、リーグ一位になりながら、今オフでの巨人(東京読売巨人軍)の補強はなんだ?よそ様のクローザーを(使えるかわからないのに)、横からとる、よそ様の4番とエース(ラミレス、グライシンガー)をとる。

横浜は影響ないとしても、ヤクルトスワローズはどうしたらいいの?

これで、セリーグとプロ野球が、滅茶苦茶人気落ちてしまうのです。

面白くないんだよなぁ、そんな汚いやり方。いつもではあるけど。

私にも、横浜スタジアム&横浜ベイスターズ球団から、来年の年間シート購入のお誘いがきていますが、正直言って、こういう巨人(東京読売巨人軍)というチームがあるだけで、来年のセリーグをみたくないので、これを現在、保留にしています。

あまりみたくないのでね、色んな意味で。

クルーンがでてきても、その直球はもちろんフォークも、邦人本塁打王・男・村田修一、和製大砲:吉村裕基、ゴジラ佐伯などが打ってしまうでしょうけどね。でも、敢えて、そういうの、みたいとは思わないわけだわさ。こちら、良識ってものがあるんだから。悪趣味すぎるわ。

こうやって、自分の球団のファン以外のファンや、世間を、あきれさせる、巨人(東京読売巨人軍)どうにかならないの?

あたしは、おかげで、来年は、湘南シーレックスをメインにするかもしれないわ。

こうやって、巨人ファン以外の野球ファンにも大きな悪影響あたえてさ、一体全体、何様なんだ?

で、巨人の生え抜きエース:内海が、当然のごとく、自球団を批判する発言を、インタビューやラジオで展開した結果、巨人(東京読売巨人軍)の誰かが、この「言論の自由」を、闇で封じたとの報道が数多く出回っています。

ここまでやるか、読売新聞社・・・

言論の自由は、世界人権宣言第19条で、かつ、日本国憲法でも保障されています。

誰が、こんな滅茶苦茶な悪いことを裏で、内海に対して、強要したんだ???

やっぱりナベツネ???いい加減にしろよな。

ナベツネが自民党に入り込んでいるっても、大したことはないんだよ。そんな。おいらも自民党だわさ。なにかあれば、社会の藻屑にしてやれるわ。

内海よ、もっと怒れ!自分から巨人など退団しなさい。横浜をはじめ、11球団がよい環境で迎えますから!!!

あと、こちらで弁護士団を用意するの手伝いますので、内海よ、巨人のそいつ(誰なんだ?ナベツネか?)を提訴しましょう☆日本は、法治国家というのを示さなくっちゃ、野球ファンも収まらないよ。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

http://にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

24時間やっている小児科・・・助かる。・・・救急車の使いすぎも防止に

tacchyです。

日本では、現在、救急車の利用が無料になっています。

最近で、ニュースで問題になっているのは、この救急車の利用を、必要もない患者などが使いすぎていること。

それがゆえに、有料化などの検討もされているようで、えらい迷惑だ。

今日、取り上げるのは、小児科に関して。

育児をしている親でも、幼児はもちろん、乳児になると、もしかしたらただの風邪かもしれないけれども、乳児・幼児の症状をみて、パニック状態になり、また休日や深夜にうけいれてくれる機関の少なさや対応の問題もあるので、救急車を呼んでしまうケースが多々あり、これも問題になっている。

土台、小児科の医師の数が少ない。

これに関しては、少子化の問題もあるのだから、政治家と厚生労働省が、本腰をいれて、国策で対応していかなければならない。早急に。

この状況で、365日24時間体制で常に診察を受け付けている小児科がある。

スマイルこどもクリニック。←をクリックすると、Web Siteへリンクします。

このスピリッツは素晴らしい。

これを政治、行政は見習え。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

http://にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフル予防接種は義務であろう・・・海外在住・海外往復者は、そうでないとヤバすぎる

tacchyです。

今月に入り、日本語のニュースでインフルエンザ関係がいくつかあります。

ひとつ取り上げるのは、まず、日本では例年以上に早いこの時期で、定点観測の結果、インフルエンザの流行が各地ではじまっていること。

もうひとつ取り上げるのは、チャイナで「鳥インフルエンザ」がヒトからヒトに感染したのが確認された(世界で四例目)こと。

さて、これらのニュースから、まずは、日本における日本人の意識などの実態を書く。

なぜだか、日本の日本人は、普通のインフルエンザに対する意識が薄い方が多い。
これは、ひとえに、日本では、医療に関して、患者=一般市民が、医師頼りになっている点が起因しているのだろう。
よい大人で、インフルエンザを風邪程度と考えている方が、少なからずいる。
これは、凄い迷惑(ーー;
インフルエンザというものは、風邪ではなく、伝染病なのだ!
しかし、その意識がないので、インフルエンザに罹っても、平気で、学校や職場に姿を現すような人まで結構いる。
そうやって、咳で人他人に伝染病を感染させたら、悪質な傷害(日本の刑法)という犯罪に当たる。
その前提として、「任意接種」となっているからか、大人で、インフルエンザの予防接種を受ける人も少ない。
予防医学が、日本では、あまり浸透していないのだ。その結果だ。
こういう時期に、逃げ場がない密閉された日本の公共交通(特に、電車)には、マスクをしてでも、乗るのは脅威だ。また、そういう場で、怪しい咳をばら撒いている輩も見受けられる。

ただでさえ、こういう現状が、日本ではあるのだ。

だから、この意識が低い国民が多いことと、首都圏などでは、車ではなく、密閉
された公共交通利用者が多いことを考えると、新型インフルエンザが世界的に発
生した時には、世界の中でも、日本の首都圏などが、壊滅的な状況になるだろう、
という恐ろしい現実も待っている。

厚生労働省は、そこそこ、まともな情報をWebをはじめに流しているが、それを国民はどこまで読んでいるのか。
この意識が低い国民がいる限り、もっと、インフルエンザ予防接種を義務付けにすることも考えなければいけない。

もちろん、予防接種には、リスクもある。だから、完全義務化ではなくてもよいが、受けない人には、学習をさせないといけない。

そこで、ここ数年のSARS騒動と鳥インフルエンザがヒトに感染する(新型インフルエンザ)の問題がある。

私のように、よく海外(特に、アジア・・・)に出入りする人間では、切実な問題がある。

もちろん、普通のインフルエンザ予防接種では、SARSと鳥インフルエンザ、新型インフルエンザは、防げない。
ただ、それらに罹患したときに、普通のインフルエンザ予防接種をしていれば、少なくとも、発症後すぐに、「これは、普通のインフルエンザではない可能性が高い」と判断し、海外の医師にそれを伝え、緊急処置のお願い&申し入れをすることができる。
反対に書くと、普通のインフルエンザに罹っても、SARSがまた流行したり新型インフルが流行する国においては、「かなりの期間、その国から、強制的に、隔離される」可能性が高い。
つまり、普通のインフルエンザの予防接種をしていないと、なんらかの発症をした時に、これが普通のインフルエンザなのか、SRASなのか、新型インフルエンザなのかが、判別できなく、ややこしいし、鬱陶しいことになる。

これまで、いくつもの国を私が出入りしてきて、ここ4年ばかり、これらで、国際空港で、熱がある人は強制的に病院に隔離(香港で、それを2年前の4月に実施しているときに、3回、入出国をしました。またフィリピンでも、そういう状況で、何度も入出国をしました。)されるとか、フィリピンでは、バランガイ(村)そのものの閉鎖(行動制限)などなど。

だから、チャイナ(中国)、香港、マカオ、フィリピン、インドネシア、タイなど(他のアジアの国で要注意の国もありますね。)に住んでいる日本人、及び、入出国をする日本人には、それこそ、普通のインフルエンザの予防接種をすることは、個人の問題とはいえ、個人の観点から「義務」であるという意識があるべきだ。

そうでなく、実際には、SRASや新型インフルエンザではなくとも、長い日数、身柄を拘束されても大丈夫ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)