経済・政治・国際

2013年6月 9日 (日)

憲法九条は改正しなければならないが、その内容が極めて重大

tacchyです。

何故に、憲法改正のターゲットを96条にするか理解できません。

96条は正直、内心で、勘弁して欲しいと思います。
政権が変わるごとに憲法が変わるのはおかしい・・・
憲法の改正がよくあってもいいんです。
しかし、思想的に違う政権毎に変わると、内容に、国民がついていけないと心配します。

すばりいえば、憲法9条は条件付きで改正したらいい、と思ってます。
9条改正をメインになんでしないんでしょう?

これが一番ではないですか?

私は極めて平和主義です。
ですから、9条を変えて、防衛省・自衛隊を合法にしたい。抑止力ですよね。
平和を守る為です。
そもそも、違憲な存在をごり押ししてきたんですから。
そういうのが外交に大きく繋がります。外交が大きく変わる。それが政治だ。
ただ、9条も第1項と第2項をどう変えるのか、というところは、極めて慎重にと思いますね。

9条第1項があるから戦争がなかったというのはおかしいのではないか?
日本が戦争しなかったのは日米安保が原因でしょう。
ネットで空論の日米安保の解釈しても無駄です。
私はフィリピン共和国の元:米軍基地クラーク空港(旧マバラキャット空港;日本初の神風特攻隊がレイテ沖に飛び立った)に拠点があるので、米軍のリタイア者の知人が多いです。、
彼らも日本経験ある人多く、いつもキリンビールとブルドックソースなどリクエストされます。
この退役軍人の多くが、結論的に、USAは米軍軍事拠点として日本が最大重要といってます。
地政学を基本とすれば、当然ですよね。
USAは軍事戦略で地政学的に絶対に日本が必要。
そしてそんなことは回りの国もわかっているから、日本を武力攻撃できない。

また、9条改正で、とても気になるところがあります。

F35戦闘機だって日本の技術がないと作れないUSA軍需産業。どうあがいても日米の腐れ縁はずっと続く前提がある。
「腹黒くずるいUSA」とうまくギリギリに付き合い、USAから色々と要求はうけても、最後の最低限は守りたい。
USAの罠はわかりやすいのでそれを看破し、もう切りたくても切れない縁なので、うまく二重作戦をとっていく。
それが可能なら、やがてUSAと対等になり、もはや凋落著しいUSAを抜くことになります。
ストレートにかけば、ベトナム戦争に韓国軍が出兵したようなことは避けたいです。

極めて重要な参考文献:
「たとひ第九条を改正して、折角『憲法改正』を推進しても、却ってアメリカの思ふ壷におちいり、日本の本然の姿を開顕する結果にならぬ、と再三力説した。……韓国その他アジア反共国家と同列に並んだだけの結果に終わることは明らかであり……」(三島由紀夫「問題提起」1968 年)

どうでしょうか???

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

2013USAカルフォルニアでチェリー奇形続出、深刻な北半球汚染

Marie1_9


Marie2

tacchyです。

収束の 悪化をたどる福島第一原発事故。

海洋汚染が深刻で一年前からUSAカルフォルニアでは職業漁や釣りの禁止はご存知だと思います。

一年前にフランス一流新聞ルモンドが独自取材で、アラスカのアザラシの奇形や健康被害を追ってました。

ただし、世界史上初MOX燃料の核爆発を含めた大気の汚染も半端じゃない。

日本からUSAに逃げているMarieちゃんによる現地報告ありました。

今が旬のチェリー(さくらんぼ)@カルフォルニアをスーパーで買うと奇形ばかりだと。

その画像が記事の最初の二枚です。

偏西風にのるのもありますが、改めて飛散している多種の核種が驚異的ですね。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月31日 (金)

【拡散お願い】国連人権理事会義情報>放射能&被曝テーマ

tacchyです。

以下、拡散を希望された内容なので、その知人の氏名をさけて転載いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松本市内の避難者支援団体「手をつなぐ3.11信州」の森永敦子さんが今、ジュネーブの国連会議のために渡航しています。
ほぼ同時期に国連科学委員会の方から、「福島の事故はチェルノブイリと比べても大した影響がない」という声明が出されたばかりです。
こちらはテレビ・新聞などのマスコミで大きく取り上げられていますが、
国連人権理事会特別報告の「年間20mSvを許容せずに1mSvを順守するべき」という勧告はなかなかとりあげられていません。
増してや、日本政府は相変わらずミスリードを狙った発表ばかりしています。

福島の市民測定所の岩田さんや前双葉町町長の井戸川さんと同じ席で、森永さんは
「福島のみならず関東の子どもたちにも汚染の影響はでている」とはっきりと世界に向けて発信されました。

ぜひこの情報をみなさんにあらゆるツールで拡散・発信していただきたく、お伝えいたします。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/82096

http://www.asahi.com/national/update/0528/TKY201305280085.html

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130529/erp13052908560002-n1.htm

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130529/mcb1305290857019-n1.htm

http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052401002528.html

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2800E_Y3A520C1EB2000/

http://jp.reuters.com/article/jp_energy/idJP2013052401002529

http://mainichi.jp/select/news/20130524k0000e040260000c.html

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

マスコミや官僚へ挑戦:正統的保守派「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党」結成祝い!支援をお願いいたします!

tacchyです。

真の愛国者でかつ経済通・経済天才の亀井静香先生が、「長屋での笠貼り浪人」から「最後の闘い」で立ちあがりましたね。

「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党」の結成です☆

万歳!万歳!万歳!やったね!!!

政党の名前は、もっと簡潔に、とか、もっと恒久的に、とか、もっとわかりやすくとか、色々の声があると思います。

でも、この名前が、本当に亀井静香先生の最期の闘いの始まりの決意なのです。

民主党ももちろんですが、殆どの政党と、官僚全員が、今回の選挙の争点を誤魔化そうとして、こぞってマスコミまでがそのような洗脳一色です。

そこへ亀井静香先生が、選挙の争点を明言する党名にした。

これで泡を吹いてあわてているのが99%のマスコミと官僚と、そして汚い政党いくつも、です。

あははははは。

やったね。

亀井静香先生は、「政策のみで」連合などはするとしています。

「国民の生活が第一」や「みどりの風」や「緑の党」とは連携することになるでしょうね。

菅原文太さんの「いのちの党」も全面支援するようです。

みなさん、ぜひまわりの洗脳されかかっている一般市民にお伝えくださいませ!!!

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年11月11日 (日)

「これだけの原発事故が起きた後にもかかわらず、どの総裁候補からも脱原発に深い言及がないのは、自民党の原発推進への反省がない表れだ。スリーマイル、チェルノを対岸の火事に見ていた。電力需給や経済成長を原発継続の理由にあげるが、危険であることがわかった以上、理由にならない」(亀井静香先生)

tacchyです。

今月に新党を結成する亀井静香先生、相変わらず快調で、うれしいですし、痛快です。

亀井静香先生「これだけの原発事故が起きた後にもかかわらず、どの総裁候補からも脱原発に深い言及がないのは、自民党の原発推進への反省がない表れだ。スリーマイル、チェルノを対岸の火事に見ていた。電力需給や経済成長を原発継続の理由にあげるが、危険であることがわかった以上、理由にならない」

ここまで明快に言い切ってしまえる国政政治家はいないでしょう。

もちろん、小沢一郎さんと国民の生活が第一とは、反:消費税、反:原発、反:TPP、反オスプレイで、政策が一致しますので、小沢一郎さんがいうオリーブの木は完成が近づいているわけですね。

多分に、オリーブの木が真に完成した暁には、小沢一郎さんは、亀井静香先生をトップにもってくるでしょうね。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

市ヶ谷で大規模財政出動と消費税廃案で集結しようぜ!「国民の生活が第一」幹事長だよ!☆

taccchyです。

国民(一般労働者の家族を含む)の80%以上は、デフレ不況であえいでいるのに、消費税アップでトドメを刺され、息を途絶える。

なんとしても断固阻止、手段を選ばず、そして生命を賭けて消費税阻止が失敗すれば、もうこの愛する日本国を捨てて逃げ出すしかない。

いまは何百兆円単位の大規模「財政出動」を政府がする時なのだ。

なにを発狂しているのか?

さぁ、取り合えず、みんな市ヶ谷に集合しようぜ!

「日本経済復活の会」

http://www.tek.co.jp/p/

の次回定例会は、大変にシビアな状況のなかでっ開催される。

2012年9月27日市ヶ谷です。

第103回 日本経済復活の会 開催のお知らせ

http://www.tek.co.jp/p/meeting.html

平成24年8月23日
日本経済復活の会 会長 小野盛司
○日時 平成24年9月27日(木)午後6時~午後9時
                (開場5時30分、講演開始6時)
○場所 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
    東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
○会費 3500円(資料代や食事・飲み物の費用を含みます)
○講師 東祥三 衆議院議員 国民の生活が第一幹事長
  創価大学大学院博士課程修了、スペイン・マラガ大学、メキシコ国立自治大学大学院に留学、国連工業開発機関職員、日本国際開発センター嘱託を経て国連難民高等弁務官事務所職員として難民の保護・援助を担当。決算委員、大蔵委員、労働委員、外務委員会理事、議運委員会理事を歴任。細川内閣で外務政務次官、小渕第二次改造内閣で外務総括政務次官就任中二十ヶ国以上を歴訪。国連人口開発会議、国連社会開発サミット等、国際会議に参加。自由党東京都連幹事長、石炭対策特別委員長、国家基本政策委員会理事、日中友好議連副会長、日露友好議連副会長、国際人口問題議員懇談会副幹事長
○講師 小野 盛司 日本経済復活の会会長
  会の活動報告
  『大震災からの復活への道 -お金がなければ刷りなさい-』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

連絡先→日本経済復活の会(東大英数理教室)03-3261-9921 

です。

【関連記事】

財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くないhttp://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/07/post-c9c6.html

CIAからの暗殺覚悟を宣言した真の愛国者:亀井静香先生 消費税反対!政府紙幣を国民にばら撒こうぜ、おう! http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/cia-f0af.html

なぜ暗殺を覚悟しないとニッポンの「景気がよくならない」のか?消費税をあげたら日本経済は終焉するが、デフレ不況吹っ飛ばして世界一の経済大国になろうぜ、おう! http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-7697.html

亡国の消費税法案可決でも、それヒックリかえして日本国の「景気を良くする」活動を続け消費税は0(ゼロ)かマイナスへ、経済政策決起行動も視野におこうぜ、防衛省・自衛隊の諸君に告ぐhttp://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-bb84.html

消費税は被曝地獄より恐怖だ、日本列島を逃げ出しニッポンに見切りつける国民・企業が相次ぐまで、まだまだ戦いを命かけてしようじゃねぇかhttp://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-6bc2.html

消費税で生き地獄を迎えるニッポン、これからニッポンを任せたかった若い日本人は早めに海外にでるの義務的だ、若い愛する同胞に告ぐhttp://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-3348.html

消費税アップを「景気条項」の嘘・詭弁で誤魔化す政治家・政党に天誅を与えよ、選挙がすべてだ http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-0212.html

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

消費税アップを「景気条項」の嘘・詭弁で誤魔化す政治家・政党に天誅をくだせよ!選挙がすべてだ

tacchyです。

亡国の消費税関連法案の賛成に回った政治家、政治家秘書、政党にいくらクレームをいれまくっても「景気条項」があるから2年後に実施するかわからないと詭弁・嘘をいってきます。

経済の基本がわかっていれば思いっきり突っ込めますね。

突っ込むとどの政治家、政治家秘書、政党ご意見番もだんまりを決め込みます。

こんな詭弁で騙せて、選挙で勝てると思っているのでしょうか?

この景気条項では2年後のGDPアップ率を3%ならといっていますが実質2%で消費税アップは強行されます。

こんな些細な数値は、どんな綿密なプログラムで正確なデータをインプットしても「誤差」で楽勝にでます。ましてや内閣府の計算なんてご都合主義ですから。

つまり、こいつらは消費税アップ強行の構え、選挙で誤魔化しきろうとしているのが明らかです。まさしく全国民の「生死が掛かった」消費税法案の廃案を焦点にした選挙で、天誅をくだそう。

また拡散もお願いいたします。

これまで散々、消費税をあげる必要がない理由や消費税を廃止できる根拠を計量経済学視点などから書いてきました。

いまの日本に日本国民に必要なのは、政府による大規模「財政出動」で、かつ「内需拡大」でデフレ地獄の脱却です。

財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くない
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/07/post-c9c6.html

CIAからの暗殺覚悟を宣言した真の愛国者:亀井静香先生 消費税反対!政府紙幣を国民にばら撒こうぜ、おう!
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/cia-f0af.html

なぜ暗殺を覚悟しないとニッポンの「景気がよくならない」のか?消費税をあげたら日本経済は終焉するが、デフレ不況吹っ飛ばして世界一の経済大国になろうぜ、おう!
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-7697.html

亡国の消費税法案可決でも、それヒックリかえして日本国の「景気を良くする」活動を続け消費税は0(ゼロ)かマイナスへ、経済政策決起行動も視野におこうぜ、防衛省・自衛隊の諸君に告ぐ
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-bb84.html

消費税は被曝地獄より恐怖だ、日本列島を逃げ出しニッポンに見切りつける国民・企業が相次ぐまで、まだまだ戦いを命かけてしようじゃねぇか
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-6bc2.html

消費税で生き地獄を迎えるニッポン、これからニッポンを任せたかった若い日本人は早めに海外にでるの義務的だ、若い愛する同胞に告ぐ
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-3348.html

いまさらながらですが、「アメリカ合衆国に200兆円を貸している日本国が何故、消費税をあげる必要があるのかの動画です。

ニュースの深層(2012.3.19) 亀井静香先生が、国の秘密を暴いた貴重な動画です。

http://www.youtube.com/embed/mEkhaaTVc2A

これから選挙にむけて、いかに誤魔化しの詭弁や嘘をいっても、それを街頭で大声で暴いてやりましょう。絶対に反論できませんから。

私は街頭演説してる国会議員候補者に大声で疑問を投げつけ続けます。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

消費税で生き地獄を迎えるニッポン、これからニッポンを任せたかった若い日本人は早めに海外にでるの義務的だ、若い愛する同胞に告ぐ

tacchyです。

純正日本人として、私がラッキー?だったのはまだ若い頃から父親からともかく海外にでろでろ、と言われ続け、色んな資料などずっと頂いたこと。

父親は昭和6年位の生まれだからずっと日本にいたけど、中年以降、ブラジルにかなり嵌って、私が子供の頃、リオのカーニバル時期はもちろん、頻繁にいっていた時期があり、それで私が小さい頃から熱心に勧められた。

だから、短期語学留学を含め何度もし、最後は正式な留学も何年かしました。

若いうちは欧米メインでしたが、御蔭で海外放浪は趣味となり、最終的に、個人的趣向で今の私は拠点(コンドを所持して、他、パートナーいますがビジネスの拠点も)をもっているのが、マカオとフィリピンとアジアに帰着しています。

日本人として、日本を見つめなおす、自分が純正日本人としてのアイデンティティを確立するには、できるだけ早いうちに海外に出た方がいいし、親は放り込んだ方がいい。

黄色人種であること、母国の歴史:大東亜戦争などを身をもって実体験を重ねます。これで芯の通った純正日本人に叩き上げられ磨かれる。狭い日本にいて努力をするより、実体験を積む方がよほど真剣勝負です。そして、そんな逆境のなかで自己主張をできるようにならなければならない。これがかなり必要です。

これは、元々の持論で、若い愛する同胞たちにはいってきました。特にこれからの日本国を任せるにはそれが必要だと思って・・・・・・

その信念に変わりはありませんが、そして、これまで取り上げてきた消費税問題。

財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くない
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/07/post-c9c6.html

CIAからの暗殺覚悟を宣言した真の愛国者:亀井静香先生 消費税反対!政府紙幣を国民にばら撒こうぜ、おう!
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/cia-f0af.html

なぜ暗殺を覚悟しないとニッポンの「景気がよくならない」のか?消費税をあげたら日本経済は終焉するが、デフレ不況吹っ飛ばして世界一の経済大国になろうぜ、おう!
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-7697.html

亡国の消費税法案可決でも、それヒックリかえして日本国の「景気を良くする」活動を続け消費税は0(ゼロ)かマイナスへ、経済政策決起行動も視野におこうぜ、防衛省・自衛隊の諸君に告ぐ
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-bb84.html

消費税は被曝地獄より恐怖だ、日本列島を逃げ出しニッポンに見切りつける国民・企業が相次ぐまで、まだまだ戦いを命かけてしようじゃねぇか
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-6bc2.html

財政が世界一と極めて安定・健全な日本国であるにも関わらず、経済的にはデフレ不況で悪化して、諸社会問題が多大に発生しているなかで、消費税をあげたら経済的には、更に縮小財政となり、社会は終焉を迎えます。

これからの若い人はともかく「語学」を早いうちから取得・実践して、ジャンジャン海外にでましょう。もう経済的な先見性ある親なら子どもに義務付けをお願いいたします。

そして、初老の私をはじめ、消費税法案などに必死の抵抗をしますが、どうも私的には余り明るい政治的変化は望めない絶望感があるのは確か。

戦後で一番偉大な田中角栄先生のお言葉「政治というものは、国家の威信というよりも、国民の威信を守りつつ、列国に伍していかなければならんのだから。ほかの国がみんな飢饉で困っておっても、まず、わが国だけは餓死者を出さない。みんなにメシを食わせる。これが政治にとって最大の課題になるわけだな。」

いまの政治家は、官僚以下、ユダヤ金融家の意向で盛んに日本国内で動き回るCIAの手先になっているだけで、売国奴ばかりが目立ちますね。こういう状態で、上述の田中角栄先生のお言葉は身に沁み、心を打ちます。そういう政治で、敗戦国が経済大国になれた。

つまり私ですら逃げ出さざるをえない終焉に日本国が突入するなら、あと二年と猶予は少ないですよ。

だが、もし、この国が正常化すれば、海外経験ある若い日本人はまさしく再生した日本を担っていくよい頼もしいリーダーになります。

もし、このままであれば日本国は終焉を迎えますから、人生がこれからの日本人は何も生き地獄を味わうことはない。そのまま、海外でイキイキと羽ばたいて、好きなように生きて欲しい。

放射能地獄と比べ物にならないような生き地獄で砂を噛むような人生をおくることもない。

早ければ早い方がイイ。

ともかく、さっさかと「語学」を身につけましょう。迷っている暇はありません。

語学留学で鍛えてもいいですが、留学生同志で絶対に戯れず、外の世界にバンバンでて色んな実体験を積むこと、これは要注意です。

【補足記事を追加投稿しました】

消費税アップを「景気条項」の嘘・詭弁で誤魔化す政治家・政党に天誅を与えよ、選挙がすべてだ
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-0212.html

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

消費税は被曝地獄より恐怖だ、日本列島を逃げ出しニッポンに見切りつける国民・企業が相次ぐまで、まだまだ戦いを命かけてしようじゃねぇか

tacchyです。

こと経団連の大企業だけには望ましい消費税法案ですが、これまで日本国を裏から真に支える涙ぐましい努力をしてきた中小企業・零細企業は吹っ飛びます。

もちろん、庶民の多くも。

一般的なサラーリマンが年収の4か月分を諸税金類に徴収されているのが、これで五か月分になりますよ。

私は、「暴動が起きない」のが不思議でならないし、起きないことに恐怖すら感じます。日本人は歴史的に「不正を正す」為ならかなり暴動を頻繁に起こしてきた正義感・熱血漢の「血」が流れているんですが、戦後から今でも続く占領の洗脳は恐ろしいですね。

「はぁ暴動?そりゃいかんよ」どころの話しじゃないですね。民主主義を否定した形で強行されたんですから。それに多くの国民は家計苦でどうなるかは前に何度か書いていること。生命もかかっている話です。

企業経営者同志等の会合では、もうずっと前からその想定はしていて、消費税アップという、まさか売国のキチガイ行為をするなら、倒産を防ぐ為に、海外移転(全面的であったり、本社機能だけであったり、様々。業種業態によりますね)の具体的な話し合いもしてきています。

もちろんのことながら、経営者はそれだけの繊細なアンテナと先見性がなければ務まらないし、務めてはいけない。それじゃなければ、従業員が可哀想すぎる。

さて、これまで、かなり詳細突っ込んだ話をしてきました。

財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くない
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/07/post-c9c6.html

CIAからの暗殺覚悟を宣言した真の愛国者:亀井静香先生 消費税反対!政府紙幣を国民にばら撒こうぜ、おう!
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/cia-f0af.html

なぜ暗殺を覚悟しないとニッポンの「景気がよくならない」のか?消費税をあげたら日本経済は終焉するが、デフレ不況吹っ飛ばして世界一の経済大国になろうぜ、おう!
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-7697.html

亡国の消費税法案可決でも、それヒックリかえして日本国の「景気を良くする」活動を続け消費税は0(ゼロ)かマイナスへ、経済政策決起行動も視野におこうぜ、防衛省・自衛隊の諸君に告ぐ
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-bb84.html

もうデータや信用できて何重かのチェックをしたシミュレーションもだしています。

これまで書くべきことは一通り書いてきました。

ともかく「あげる必要が全くない」ものをあげて滅茶苦茶に国を滅亡に導こうとしている。

もちろん、その前に「基礎体力=国力」が世界一の日本が「デフレ不況」で喘いでいる対応策(経済政策)も具体的に書いています。

今の日本に必要なのは「大規模財政出動」でその財源も明記してきました。「景気を良く」することが日本経済に一番必要なんんです。そして庶民も助かり、全ての諸社会問題も解決して、ブレーキを踏まなければ「日本が世界一の経済大国になる」そして「世界の経済も責任をもつ」立場になることも。

さて、今回、問題なのは、今回の消費税法案は、「民主主義」を全く無視していること。

明確なマニフェスト違反は重大なこと。

発狂:谷垣も醜いが、明らかな売国奴:野田ら国政の政治家がそう滅茶苦茶な横暴な「民主主義を否定」するなら、ふつうの多くの国は、軍事クーデターが起きてなんら不思議はない。

だから、第四本目の記事には「決起も視野に」と少々いったのです。

我が愛する母国:日本国は、民主主義の普通の国じゃないんですか?

先見性のある中小企業・零細企業がこぞって海外移転して、目先も効く国民も海外に逃げて、日本がまさに完全崩壊する前にまだまだ戦いましょう。

私もさすがに一家で海外移住、拠点の海外移転をせざるをえない。準備をはじめないといけない。

311以降は、原発事故に関わり、特に、汚染や被曝の真実をおってきたこのブログですが、「現在の日本列島被曝地獄」は私もそこそこリアルに把握しているつもりです。もちろん、きちんと避けるようにしてはおりますけど。

そんな私が、被曝より1000000倍恐ろしいのは、この「消費税法案」ですね。

日本国を愛する純正日本人として、日本を捨てるのは泣けてくる話ですが、それほどの問題です。

ただ、海外移住・海外移転の準備をしながら、まだまだ戦っていきたいと思います。

亀井静香先生が「CIAからの暗殺を覚悟」公言したからには、私には家庭があるが、私も生命をかける必要性を具体的に思案しないといけませんね。

【補足記事を追加投稿しました】

消費税アップを「景気条項」の嘘・詭弁で誤魔化す政治家・政党に天誅を与えよ、選挙がすべてだ
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-0212.html

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

亡国の消費税法案可決でも、それヒックリかえして日本国の「景気を良くする」活動を続け消費税は0(ゼロ)かマイナスへ、経済政策決起行動も視野におこうぜ、防衛省・自衛隊の諸君に告ぐ

tacchyです。

この稿を書いているのはお昼ですので国会の状況わかりません。

何しろ、原発事故の真相&現在の状況・汚染の真実・被曝の真実に関して、HNKは隠蔽どころかウソ宣伝に加担ですから、観ません。NHK未払いにするのかなり多忙で遅れてますが、そのケジメで観たい国会も観ない、それが筋ってものですね。

が、昨晩の発狂:谷垣の動きからして、消費税法案も可決されるのでしょう。

もう散々書いてきたことですが、

財務省がウソを国民にいっているの暴いた亀井亜紀子議員;消費税あげる必要全くない
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/07/post-c9c6.html

CIAからの暗殺覚悟を宣言した真の愛国者:亀井静香先生 消費税反対!政府紙幣を国民にばら撒こうぜ、おう
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/cia-f0af.html

なぜ暗殺を覚悟しないとニッポンの「景気がよくならない」のか?消費税をあげたら日本経済は終焉するが、デフレ不況吹っ飛ばして世界一の経済大国になろうぜ、おう!
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/al/2012/08/post-7697.html

要約すれば;

・日本の財政は世界一健全

・日本国は世界一の金満国家

・日本国債は正常に還付されていると財務省が認めた(国民に嘘をいっていた、と)

・現在、デフレ不況で、国民の多くは、ガタガタ

ここで、本当に消費税を10%あげたらどうなるのかのシミュレーションです。

Photo

*画像はクリックすると大きくポップアップします。

「日経NEED」、「DEMIOS」、「電力経済研究所」のいずれもが、「GDPが4-6%減少」と試算していますね。トリプルチェックですから、非常に信頼性高い。これって「平成の大恐慌」を意味しますね。ただでさえ、デフレ不況なのに。

そして、さらなる「デフレ不況」の悪化で、税収もガタ落ち。庶民の消費も減り、商店・飲食業の売り上げは更に落ち、零細企業・中小企業がさらに売り上げも粗利も落ち倒産もっと続出、失業者、ドヤ暮らし、ニート、就職難民、浮浪者、行方不明者、他殺者、自殺者が劇的に増えて、世界中がこぞって取材にくることでしょう。

もちろんのことながら、政府が得る「税収」も激しく落ち込む。

最悪な悪循環です、そもそも橋本首相が消費税をあげて(3%→5%)、景気が当然悪化し、「税収」も落ち込み、橋本首相は後悔し続けて、「大蔵省(当時は。今の財務省)の官僚に騙された。消費税だけはあげてはいけない」という遺言まで残しております。

国会で可決されたからといっても、次の政権で反故にできます。それを今から視野にいれ、活動を盛んにし、最悪、決起行動も視野にいれて動きまわらないとならないですね。

そもそも話を原点に戻しましょう。

日本は世界一の金満国家で基盤体力は一番ある。

消費税をゼロにしたらどうか?

消費税・所得税・法人税を全てゼロにして「内閣府」のシミュレーションかけた結果があります。

3

*画像はクリックすると大きくホップアップします。

非常に良い結果です。消費税をあげるのとは逆に、GDPがアップし、国民の消費もあがると明確にでています。

文教学院大学 経済学部教授 菊池英博氏 「消費税はゼロにできる、積極財政を目指せ」の動画(皆様が多分なじみあるだろう「真実」を追うIWJ岩上チャンネルの取材です)は下記URL;

http://www.youtube.com/watch?v=Q9FOxHOWV3o

これは必見です。

つまるところ、「余りにもデフレ不況の悪化」で「莫大なデフレギャップが生じている日本経済」では、「消費税をゼロ」にするだけで「景気は良くなる」との根拠ですね。

ここからは私見ですが、ここまで余りにも凄まじいデフレギャップが生じた日本国では、消費税をマイナス(-)15%にしてはどうでしょうか?国民が消費すれば、政府がその15%を負担するのです。「内需拡大」を政府が指導するあからさまな経済政策で私は素晴らしいと自賛しますけどね。

これまでの3本の過去記事を読んでいただければ、おわかりだと思いますが、その「財源」は政府が「輪転機」を回して紙幣を発行すればいい。

ここまで莫大なデフレギャップがある限り、その間はこれまでのツケを返済するわけで、100%したくても「インフレになりようもないし、ありえない」ことです。

ただこれは私見であって、紙幣を印刷したら、国民に平等に直接配布(国民給付金)という方向が、現在の先見性ある経済学者や極一部の経済通の政治家の動きでしょうかね?

一度、火がつけば、枯れていた潤滑油を注入するように経済の隅々から好循環となり、経済のパイがでかくなり、GDPアップ、自然に大幅税収アップ、社会の諸問題(就職難、ニート、倒産、解雇、リストラ、就職難民、家計苦、鬱病、浮浪者、行方不明、他殺者、自殺者、犯罪、治安などなど)もごく自然に解決してしまいます。

もちろん、紙幣を印刷して全てを国民に給付するだけでなく、立て直していくべき・国民が真に便利になる公共事業などは必要ですけどね。無駄な公共事業は大胆に切る!無駄の排除は必要です。

【追記】続編の記事を投稿しました

消費税は被曝地獄より恐怖だ、日本列島を逃げ出しニッポンに見切りつける国民・企業が相次ぐまで、まだまだ戦いを命かけてしようじゃねぇか

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 ニュースブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧