« タガログ語魚名「Bolador」(ボラドール)とはどんな魚か? | Main | 魚名「Galonggong」タガログ&フィリピン諸言語;本当の訳はどうしたらいいか »

January 06, 2009

タガログ語魚名「Buguin」の誤訳蔓延を憂う

tacchyです。

フィリピンのマーケットによくでる魚・・・魚名「Buguin」を取扱ます。
どうも、日本語の辞典や出版物などで、このタガログ語&フィリピン諸語での魚名「Buguin」は、「サヨリ」と誤訳されていることが多いようです。
これは、明らかに、誤訳です。辞書編集者の方々は、海洋生物学者に接触をもってこのようなことを避けていただきたい。

順をおって、解明していきます。

タガログ語及びフィリピン諸語でいう「Buguin」とは、学名でラテン語「Hemiramphus far 」です。

日本でいう、日本の「サヨリとは、学名でラテン語「Hyporhamphus sajori」

このふたつの学名をラテン語と英語の分類と、英文による生態をかきます。
画像つきです。画像はクリックするとポップアップします。

タガログ語及びフィリピン諸語でいう「Buguin」

Hemiramphus_far

Hemiramphus far
Blackbarred halfbeak Advertisement
Hemiramphus far (Forsskål, 1775)

Family: Hemiramphidae (Halfbeaks), subfamily: Hemiramphinae .
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

Environment: reef-associated; non-migratory; freshwater; brackish; marine
Climate: subtropical; 35°N - 25°S
Importance: fisheries: commercial; gamefish: yes; bait: occasionally
Resilience: High, minimum population doubling time less than 15 months(Preliminary K or Fecundity.)
Vulnerability: Moderate vulnerability (41.49). (Ref. 59153)
Distribution:
Gazetteer Indo-West Pacific: Red Sea and East Africa to Samoa, north to the Ryukyu Islands, south to northern Australia and New Caledonia. Migrated to the eastern part of the Mediterranean Sea via the Suez Canal.
Morphology: Dorsal spines (total): 0 - 0; Dorsal soft rays (total): 12 - 14; Anal spines: 0; Anal soft rays: 10 – 12. Greatly prolonged, beak-like lower jaw; upper jaw short, triangular and without scales; preorbital ridge absent; total number of gill rakers on first gill arch 25-36; pectoral fins short, not reaching past nasal pit when folded forward; with 3-9 (usually 4-6) vertical bars on the sides. (Ref. 9843). Color bluish dorsally, silvery on sides. 36-41 predorsal scales. Lower lobe of caudal fin longer than upper lobe. Dorsal and anal fins located posteriorly.

日本の「サヨリとは、学名でラテン語「Hyporhamphus sajori」

Hyporhamphus_sajori

Hyporhamphus sajori
Japanese halfbeak Advertisement
Hyporhamphus sajori (Temminck & Schlegel, 1846)

Family: Hemiramphidae (Halfbeaks), subfamily: Hemiramphinae
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

結論からもうしあげて、タガログ語&フィリピン諸語での魚名「Buguin」は、「サヨリ」ではありません。

日本のサヨリは、日本語で、ダツ目サヨリ科サヨリ属サヨリ のことです。

タガログ語&フィリピン諸語での魚名「Buguin」は、日本語では、ダツ目サヨリ科ホシザヨリ属ホシザヨリのことです。

上記の分類以外の生態からもわかるように、日本のサヨリはフィリピンにいません。

逆に、フィリピンの「Buguin」」=ホシサヨリは日本の西部の太平洋にいます。ただし、ほとんど、あがることがなく市場にでることはまずない。
ただ、日本にもいるため、「ホシザヨリ」という標準和名までついています。

この生物学である標準和名を、日本人、それも辞書編集者などは使わなければなりません。

そうしないと、これ以上の魚名の混乱がおきてしまいます。!!!

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 外国語ブログへ

|

« タガログ語魚名「Bolador」(ボラドール)とはどんな魚か? | Main | 魚名「Galonggong」タガログ&フィリピン諸言語;本当の訳はどうしたらいいか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/43653944

Listed below are links to weblogs that reference タガログ語魚名「Buguin」の誤訳蔓延を憂う:

« タガログ語魚名「Bolador」(ボラドール)とはどんな魚か? | Main | 魚名「Galonggong」タガログ&フィリピン諸言語;本当の訳はどうしたらいいか »