March 05, 2016

11年ぶりの追記と、皆さまへの感謝と御礼です。魚名「lapu-lapu」・・・タガログ語&フィリピン諸語

tacchyです。

魚名「lapu-lapu」・・・タガログ語&フィリピン諸語
↑クリックで飛べます。


July 05, 2005
に書いた記事に4行追記しました。
11年ぶりですね。
このブログがとまっててすみません、
多くの皆さま応援で、感謝ばかりです。
多くの交流と繋がりができてますね。感謝でいっぱいです。
去年からは、このブログから、アムステルダム大学との大きな動きがあります。
ライフワークでもやりきれないのですが、ブログ後継者の候補はいます。
個人的には、現在、自主で細菌学の研究(スポンサーなしを貫くので、「自称」)しており、水産学は苦手なので(汗)、遠のいております。それで、水産の都合わせから、細菌学をご紹介いただいてます。
ブログが2009年からとまっても、アクセスとお問い合わせが増えるばかりで、責任を感じます。
それで、機会あれば、更新を。引き継げれば後継者をと考えます。
そもそもここは言語学なのですよね。
ひたすら、みなさまのおかげというばかりの御礼です。

該当記事も調査に、300時間はかかりました。
思い出すと、愛着ありますね。

追記した「lapu-lapu」ラプラプに関する下記文章。

このくらいは、当時に、頭が回るべきでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*2016年3月追記(*の四行を追加)
*翻訳の注釈 もしくは、長いけど訳として
*「日本でいう、モロコ、アラ、ハタの類」
*が良いと、考えます。
-------------------------------------------

では。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 外国語ブログへ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2009

魚名「Galonggong」タガログ&フィリピン諸言語;本当の訳はどうしたらいいか

tacchyです。

今回は、タガログ語&フィリピン諸語でひろく使われている魚名「Galonggong」を取り扱います。

辞書などで、日本語の「ムロアジ」となっていますが、実際には、そうではありません。

日本の「ムロアジ」は、ラテン語の学名で「Trachurus trachurus」
これをみてみると、英語・ラテン語で、
Trachurus trachurus
Atlantic horse mackerel Advertisement
Trachurus trachurus (Linnaeus, 1758)
Family: Carangidae (Jacks and pompanos)
Order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)
FishBase name: Atlantic horse mackerel

Trachurus_trachurus

日本語では、アジ科ムロアジ属ムロアジとなります。

この標準和名のムロアジは、フィリピンで発見されていないようです。

ので、この時点で、辞典・辞書が間違えていることがわかります。

では、「Galonggong」とはどんな魚なのか。

例によって、この魚名に対し、1:多で9種類の魚が相当します。
その10種のラテン語学名は、以下です。

Alectis indicus
Decapterus russelli
Megalaspis cordyla
Decapterus macarellus
Decapterus tabl
Atule mate
Decapters macrosoma
Decapterus maruadsi
Decapterus kurroides


このラテン語学名の魚を、ひとつづつ軽くおってみましょう。ラテン語、英語、日本語で追います。

(1)Alectis indicus

Alectis_indicus

Alectis indicus
Indian threadfish Alectis indicus (Rüppell, 1830)
Family: Carangidae (Jacks and pompanos)
Order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

アジ科イトビキアジ属の魚

(2)Decapterus russelli

Decapterus_russelli

Decapterus russelli
Indian scad Advertisement
Decapterus russelli (Rüppell, 1830)
Family: Carangidae (Jacks and pompanos) Order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

アジ科ムロアジ属の魚

(3)Megalaspis cordyla

Megalaspis_cordyla

Megalaspis cordyla
Torpedo scad Advertisement
Megalaspis cordyla (Linnaeus, 1758)
Family: Carangidae (Jacks and pompanos)
Order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

アジ科オニアジ属の魚

(4)Decapterus macarellus
Decapterus_macarellus

Decapterus macarellus
Mackerel scad Advertisement
Decapterus macarellus (Cuvier, 1833)
Family: Carangidae (Jacks and pompanos) .
Order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

アジ科ムロアジ属の魚

(5)Decapterus tabl

Decapterus_tabl

Decapterus tabl
Roughear scad Advertisement
Decapterus tabl Berry, 1968
Family: Carangidae (Jacks and pompanos) .
Order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

アジ科ムロアジ属の魚

(6)Atule mate

Atule_mate

Atule mate
Yellowtail scad Advertisement
Atule mate (Cuvier, 1833)
Family: Carangidae (Jacks and pompanos)
Order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

アジ科マテアジ属の魚

(7)Decapterus macrosoma

Decapterus_macrosoma

Decapterus macrosoma
Shortfin scad Advertisement
Decapterus macrosoma Bleeker, 1851
Family: Carangidae (Jacks and pompanos) order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

アジ科ムロアジ属の魚

(8)Decapterus maruadsi

Decapterus_maruadsi

Decapterus maruadsi
Japanese scad Advertisement
Decapterus maruadsi (Temminck & Schlegel, 1843)
Family: Carangidae (Jacks and pompanos)
Order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

アジ科ムロアジ属の魚

(9)Decapterus kurroides

Decapterus_kurroides

Decapterus kurroides
Redtail scad Advertisement
Decapterus kurroides Bleeker, 1855
Family: Carangidae (Jacks and pompanos)
Order: Perciformes (perch-likes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

アジ科ムロアジ属の魚

これで、結論がでました。

日本の標準和名でいうムロアジはフィリピンにいないので、魚名魚名「Galonggong」をムロアジと安易に辞典に掲載したり訳するのは、間違い。
ただ、小説などで、端折りたいときには、あくまでも広義の意訳でOKかも??

魚名「Galonggong」は、「アジ科のイトビキアジ属、アジ科のマテアジ属、アジ科のオニアジ属、アジ科のムロアジ属と広義に渡る9種の魚を、ひとくくりに指す」。
これが結論で、正しい翻訳となります。


↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 外国語ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2009

タガログ語魚名「Buguin」の誤訳蔓延を憂う

tacchyです。

フィリピンのマーケットによくでる魚・・・魚名「Buguin」を取扱ます。
どうも、日本語の辞典や出版物などで、このタガログ語&フィリピン諸語での魚名「Buguin」は、「サヨリ」と誤訳されていることが多いようです。
これは、明らかに、誤訳です。辞書編集者の方々は、海洋生物学者に接触をもってこのようなことを避けていただきたい。

順をおって、解明していきます。

タガログ語及びフィリピン諸語でいう「Buguin」とは、学名でラテン語「Hemiramphus far 」です。

日本でいう、日本の「サヨリとは、学名でラテン語「Hyporhamphus sajori」

このふたつの学名をラテン語と英語の分類と、英文による生態をかきます。
画像つきです。画像はクリックするとポップアップします。

タガログ語及びフィリピン諸語でいう「Buguin」

Hemiramphus_far

Hemiramphus far
Blackbarred halfbeak Advertisement
Hemiramphus far (Forsskål, 1775)

Family: Hemiramphidae (Halfbeaks), subfamily: Hemiramphinae .
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

Environment: reef-associated; non-migratory; freshwater; brackish; marine
Climate: subtropical; 35°N - 25°S
Importance: fisheries: commercial; gamefish: yes; bait: occasionally
Resilience: High, minimum population doubling time less than 15 months(Preliminary K or Fecundity.)
Vulnerability: Moderate vulnerability (41.49). (Ref. 59153)
Distribution:
Gazetteer Indo-West Pacific: Red Sea and East Africa to Samoa, north to the Ryukyu Islands, south to northern Australia and New Caledonia. Migrated to the eastern part of the Mediterranean Sea via the Suez Canal.
Morphology: Dorsal spines (total): 0 - 0; Dorsal soft rays (total): 12 - 14; Anal spines: 0; Anal soft rays: 10 – 12. Greatly prolonged, beak-like lower jaw; upper jaw short, triangular and without scales; preorbital ridge absent; total number of gill rakers on first gill arch 25-36; pectoral fins short, not reaching past nasal pit when folded forward; with 3-9 (usually 4-6) vertical bars on the sides. (Ref. 9843). Color bluish dorsally, silvery on sides. 36-41 predorsal scales. Lower lobe of caudal fin longer than upper lobe. Dorsal and anal fins located posteriorly.

日本の「サヨリとは、学名でラテン語「Hyporhamphus sajori」

Hyporhamphus_sajori

Hyporhamphus sajori
Japanese halfbeak Advertisement
Hyporhamphus sajori (Temminck & Schlegel, 1846)

Family: Hemiramphidae (Halfbeaks), subfamily: Hemiramphinae
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

結論からもうしあげて、タガログ語&フィリピン諸語での魚名「Buguin」は、「サヨリ」ではありません。

日本のサヨリは、日本語で、ダツ目サヨリ科サヨリ属サヨリ のことです。

タガログ語&フィリピン諸語での魚名「Buguin」は、日本語では、ダツ目サヨリ科ホシザヨリ属ホシザヨリのことです。

上記の分類以外の生態からもわかるように、日本のサヨリはフィリピンにいません。

逆に、フィリピンの「Buguin」」=ホシサヨリは日本の西部の太平洋にいます。ただし、ほとんど、あがることがなく市場にでることはまずない。
ただ、日本にもいるため、「ホシザヨリ」という標準和名までついています。

この生物学である標準和名を、日本人、それも辞書編集者などは使わなければなりません。

そうしないと、これ以上の魚名の混乱がおきてしまいます。!!!

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 外国語ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2009

タガログ語魚名「Bolador」(ボラドール)とはどんな魚か?

tacchyです。

タガログ語&フィリピン諸語でいう魚名「Bolador」(ボラドール)とはどんな魚でしょうか?

調べてみました。

これは、ラテン語の学名で以下の8種類の魚を指します。また魚名:学名が、1:多になりましたね。

Cheilopogon furcatus
Cheilopogon suttoni
Cypselurus poecilopterus
Cypselurus opisthopus
Cheilopogon atrisignis
Cheilopogon cyanopterus
Cheilopogon nigricans
Cheilopogon simus

さて、これらのラテン語の学名の魚の分類を、ラテン語と英語で探ります
画像つきです。


「Cheilopogon furcatus」

Cheilopogon_furcatus

Spotfin flyingfish
Cheilopogon furcatus (Mitchill, 1815)

Family: Exocoetidae (Flyingfishes)
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

「Cheilopogon suttoni」

Cheilopogon_suttoni

Cheilopogon suttoni
Sutton's flyingfish Advertisement
Cheilopogon suttoni (Whitley & Colefax, 1938)

Family: Exocoetidae (Flyingfishes)
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)


「Cypselurus poecilopterus 」

Cypselurus_poecilopterus

Cypselurus poecilopterus
Yellow-wing flyingfish Advertisement
Cypselurus poecilopterus (Valenciennes, 1847)

Family: Exocoetidae (Flyingfishes)
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)


「Cypselurus opisthopus 」

Cypselurus_opisthopus

Cypselurus opisthopus
Black-finned flyingfish
Cypselurus opisthopus (Bleeker, 1865)

Family: Exocoetidae (Flyingfishes)
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)


「Cheilopogon atrisignis」

Cheilopogon_atrisignis

Cheilopogon atrisignis
Glider flyingfish
Cheilopogon atrisignis (Jenkins, 1903)

Family: Exocoetidae (Flyingfishes)
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)


「Cheilopogon cyanopterus」

Cheilopogon_cyanopterus

Cheilopogon cyanopterus
Margined flyingfish
Cheilopogon cyanopterus (Valenciennes, 1847)

Family: Exocoetidae (Flyingfishes)


「Cheilopogon nigricans」

Cheilopogon_nigricans

Cheilopogon nigricans
African flyingfish
Cheilopogon nigricans (Bennett, 1840)

Family: Exocoetidae (Flyingfishes)
Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)


「Cheilopogon simus」

*画像みつからず。

Cheilopogon simus
Short-nosed flying fish
Cheilopogon simus (Valenciennes, 1847)

Order: Beloniformes (needle fishes)
Class: Actinopterygii (ray-finned fishes)

さて、翻訳はどうしたらよいか。

近い魚に日本のトビウオがいます。
この日本のトビウオの学名を調べると、
「Cheilopogon agoo」

つまり、日本のトビウオに近い魚8種ではあるが、日本のトビウオではない。
しかし、文学などで細かいことを端折るなら、あくまでも意訳で、トビウオとしてもいいかもしれない。
この調査でいえる結論は、「日本のトビウオに相当する魚はフィリピンにいないが、フィリピン諸語の”Bolador”とは、ダツ目トビウオ科ツクシトビウオ属の8種の魚をさし、日本のトビウオに近い種ということはできる。」。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 外国語ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 13, 2008

フルーツ「ランソーネス」の諸言語

Sany0006

tacchyです。

上の画像は、私が大好きな熱帯のフルーツ「ランソーネス」です。

これは不思議なフルーツです。

食感がとてもよい。一粒一粒が、味が違うのです。フィリピン各地で、収穫時期が違うようで、時期により、相場はかなり変わってきます。

すっぱさは適度、嫌味がない程度の渋みもあり、甘さはアッサリ。

フィリピンでは、妊婦が特によく食べることが多いです。

みなさんも、ぜひ、フィリピンや東南アジアで、試してみてください。嵌るケースも多いと思います。

食い合わせがあるようで、ビールなどのアルコールのつまみとしては、やめたほうがイイという話はちょくちょく耳にします。

さて、この「ランソーネス」は、諸言語で、どうなっているでしょうか。

英語名:
Langsat

タイ語名:
Langsat

マレー語名:
Langsat

インドネシア語名:
Langsat

タガログ語&フィリピン諸語の多くでは:
Lansones

島国のフィリピンだけ、言い方が変わってきています。


↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 外国語ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2008

フルーツの女王マンゴスティンは諸言語で・・・

tacchyです。

Sany0140_2

フルーツの女王「マンゴスティン」。日本では、生で輸入が長年禁止されていました。(冷凍なら可)。が、いまでは、タイから、生のマンゴスティンの輸入はできるようになりました。世界でフルーツの女王と呼ばれるマンゴスティン(マンゴスチン)(マンゴスティーン)ですが、日本ではとても手が届かない価格です。
タイやフィリピンでは、こんなものが格安で買えて、とてもいいですね。

フルーツを愛する私からでも、このマンゴスティンは、5指にはいる好物です。

さて、このマンゴスティンの各諸言語での取り扱いは・・・

英語;
Mangosteen
タイ語;
Mangkut
マレー語;
Manggis
インドネシア語;
Manggis
タガログ語;
Manggis

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 外国語ブログへ

関連ブログ記事:
パレンケの動画など(2)精肉やフルーツ野菜ほか@アンヘレス・パンパンマーケット

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2008

魚名タガログ語「Dilis」セブアノ語「budo」

tacchyです。

バゴーン(フィリピン式塩辛)も、色んな魚やえびなどを使い種類が多くあります。
イカを使ったもので、日本のイカにそっくりのものもありますね。

一般的に、よくバゴーンにメインに使われる、日本で言う、シラスに似ている小さな稚魚があります。
パレンケ(大きなマーケット)で新鮮なのを買ってくれば、色んな料理にも使います。

この魚は、タガログ語圏内では、「dilis」と呼ばれます。
しかし、セブアノ語圏内やワライ語圏内などビザヤ各地にいくと、ほぼ同じ魚を「Budo」と呼びます。

結論からいうと、このビザヤ諸語の「Budo」はスペイン語からきています。
やはり、どうしても、ビザヤ地区のほうが、スペイン言語の影響が深い。

さて、国語のタガログ語である、「Dilis」、どんな魚なんでしょう。

下記に並べる何種類かの魚を1:多で呼んでいます。
ラテン語による学名です。

Encrasicholina devisi
Encrasicholina heteroloba
Encrasicholina oligobranchus
Encrasicholina punctifer
Stolephorus baganensis
Stolephorus commersonnii
Stolephorus indicus
Stolephorus insularis
Stolephorus pacificus
Stolephorus ronquilloi
Stolephorus tri
Stolephorus waitei
Thryssa baelama
Thryssa kammalensis
Thryssa mystax
Thryssa vitrirostris
Spratelloides gracilis
Engraulis japonicus

さて、色んな種類の魚をさすわけですが、ここは言語がテーマなので、相当に端折って、意訳をするならば、”「広義でいうイワシ類を含む色んな魚」の稚魚”とするのが無難でしょうか・・・

別ブログで、このDilisを使ったキニラウを作りましたので、その記事を紹介します。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 外国語ブログへ


記事:比式刺身☆キニラウの自作です。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 外国語ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2008

果物「アボカド」タガログ語&フィリピン諸語&アジア諸語

tacchyです。

フィリピン人は結構アボカドを好みますね。
フィリピンでよくある食べ方は、甘い味付けでミルクに浸して食べる。これ、私も好きな食べ方になりました。
それまでは(フィリピンにかかわるまでは)、サラダの具に好んで使っていました。アボカドってドレッシングにもなじむのですよ。

森のチーズといわれますが、色んな使い方で愛好されて奥が深いですね。
アメリカ発祥の寿司カルフォルニアロール(カルフォルニア巻き)でも使いますが、元々、海外在住の日本人たちが古くから、アボカドに醤油、わさび醤油をつけるとマグロみたいだ、と世界各地でしていたものです。から、日本人の知恵が、そのルーツですね。

フィリピンでは、アボカドで、精力がつくような言い伝えがあります。

さて、

英語名:
Avocado

タイ語名:
Awokhado

マレー語名:
Buah apukado
Buah mantega

インドネシア語名:
Buah apokat
Abocad

タガログ語&フィリピン諸語:
Abukado

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 外国語ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2008

果物「ココナッツ」タガログ語フィリピン諸語&アジア諸語

tacchyです。

さて、やっと?ココナッツを取り扱います。一回で終わるかな。また、小生がやっている他ブログでも延々と続くかもしれない話題です!??!!(^^;

フィリピン及び東南アジアで、ココナッツをはずすことはできませんね。
日本でも、ココナッツを使ったお菓子は古くから流通しています。ビスケットなどのお手ごろなものから高級スイーツまで。

はじめてフィリピンにいったとき(もう15年以上前でしょうか)、屋台の行商人がヤングココナッツをナタできって、ブコジュース(boko=若い:ヤングココナッツ)と、椰子の実内部をこそぎとったのが、強烈な印象にあります、また、その椰子の実内部の果肉のサラダを食べ、美味しさに感動した!
あの感動はいまでも。でも、フィリピン国内では珍しくない光景ですね。ここは言語ブログなので、ここでおさえ、その、国内ならありふれた動画は、姉妹ブログで公開をしましょうか。

しかし、あの果肉サラダに感動をしても、実は、私は、ブコジュース、かなり長年、苦手だった。私に限らず、ココナッツに幼い頃から触れていない外人(日本人含む)では、この傾向は結構ありますね。
私が、ココナッツ、ブコに嵌ったのは、ど田舎&ジャングルのビザヤを回ってから。ど田舎やジャングルでは、水道もありません。井戸もないことが多い。ここでは、水は大変な貴重品で、またサリサリもないので買えない・手にはいらない。ではどうするかといえば、みな、昼間明るいとき(こういうところは電気がないので)に、ココナッツの木の登って、椰子の実(ココナッツ)をとるのです。無料:タダです。野生していますから。これを飲むしかない。
こういう状況下において、私は、やっと、あのブコジュースに嵌りました。

ブコは、あますところなく使われます。
樹液からは、「トゥバ」という自然のお酒を造ります。
一見、日本の手作りのドブロクに似ていますが、味わいは違えど、スピリッツは一緒☆
「トゥバ」を何日かおくと、自然発酵で、お酢になります。これがまたイイんだなぁ。こんな美味しいものはない。まさに自然の恵み。
これは、このブログと相互リンクをしているボラカイ島在住ちぃさんと意見が一緒です☆

凝った蒸留酒では「ランバノック」が作られます。

ココナッツの実の外側は干して、部屋の掃除道具へ。

ほか、あますとこなくつかいます。

さて、そんなフィリピンのココナッツ(椰子)の言語体系。
(この話題は、いくらでもつづくのですが、姉妹ブログに譲るかなぁ・・・?)

英語名:Coconut

タガログ語名&フィリピン諸語:Niyong

*注釈 若いココナッツの身は、「Boko」

タイ語名:Ma-phrao on

マレー語名:Kelapa

インドネシア語名:Kelapa

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 外国語ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

果物「ドリアン」タガログ語&フィリピン諸語&アジア諸語

tacchyです。

さて、フルーツのドリアン。その独自の香りなどで超有名ですから、詳しい解説はほかに譲ります。
私個人は、そう自ら好んで食べるわけではありません。
でも、アイスなどとまぜたり、といった、単体ではない食べ方では、色々奥が深い食材と思っています。

フィリピンでは、ミンダナオ島が名産地としてしられておりますが、ほか、ビザヤ諸島各地で、結構、収穫できます。

ドリアンは、日本では滅茶苦茶高いですね。
もちろん、フィリピンや他の東南アジア諸国でも安いものではないのですが、日本は高すぎる。
ここで、意外としられていないことがあります。
日本を含め、どの国でも、生態系を破壊しないため、植物検疫があります。だから一般的にはフルーツや野菜は、国際間で個人レベルで持ち込むのは難しい。しかし、日本では、いくつかのフルーツなどは解禁しています。フィリピンでよくあるものでは、「ココナッツ」と「ドリアン」は無条件に持ち込みできます。
ですから、フィリピンから日本へのお土産に、フレッシュなココナッツとかドリアンはいかがですか?
って、ドリアンは、その香りで、タイの高級ホテルなどで持ち込み禁止のケースもありますね。でも、きらなければ、意外とそんな香りがでないです。もちろん、飛行機にドリアンをいれて持ち込むバッグは、そのあと、ドリアンの香りがしてしまうでしょうけど(笑)

さて、ミンダナオなどでは、名産のドリアンを使った、ドリアンキャンディー、ドリアンキャラメルなども生産しています。これは、ドリアンが苦手な方でも気軽に口にいれられるものです。マニラなどでも買えることがあります。
タイなど他国でも同じような製品があります。

さて、このドリアンの各諸言語。

英語名:Durian

タガログ語&フィリピン諸語:Durian

タイ語:Thurian

マレー語:Durian

インドネシア語:Durian


↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 外国語ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

学問・資格