« 歴史的英雄ラプラプ 植民地化問題 | Main | Mother's Day 古代ギリシャからの「母の日」 »

May 03, 2005

100歳のお誕生日 エラップ無罪放免の確信を宣言

deposed_president

president_joseph

president_joseph_estrada


昨日、マニラ・ホテルで、エラップのお母さん(Dona Mary Ejercito)の誕生パーティ(100歳)が行われました。

マニラ・ホテルといえば、フィリピンの伝統的な場所です。
ちなみに、旧・日本軍も司令部として、ここを使っていた経緯もあります。
ここのレストランなどは、一度は、訪問されることをお勧めします。フレンチの「シャンペン・ルーム」は、フィリピンの概念を変えてくれるかもしれません。

さて、拘束中のエラップは、先々週から、このパーティへの参加希望をだしておりましたが、現政権からの横槍や邪魔が入り、参加できるかどうか、わからない状態が続いておりました。そして、最終的には、許可がでました。

エラップは、拘束されているリサール州タナイの別荘からマニラのグリーン・ヒルズまでヘリコプター移動、そこから
陸路で、マニラホテル入り。

エラップがお母さんにいった言葉は、「私は、(汚職疑惑で拘束中)、必ず、無罪放免される」というのがメインで、本日の新聞もその論調になってきています。
フィリピンのマスコミの論調が明らかに大きな変貌を遂げつつあります。
ここは注視した方がよいところです。
共和国はまた動き始めています。

また、最近の「Social Weather Stations」の国民調査では、アテ・グロー(アロヨ)と比較して、エラップを支持する国民・庶民が数が、上回りました。

実際、エラップが語った言葉としては、

“Ipinapangako ko sa iyo, Mama, lilinisin ko ang maganda nating pangalan. Sa next birthday mo, nandito na ako, malaya para magdiwang ng walang deadline, walang time limit. Mahirap iyong may deadline pala, para akong si Cinderella,”

“Lahat ng iyong mga anak, Mama, ay naging successful, mga professional, nakulong nga lamang iyong isa. Pero ako naman yata ang number one detainee sa buong bansa ngayon na may mataas na popularity rating,”


多くの一族が勢揃い、あとは、沢山の政治家、タガログ映画関係者が集まりました。
とても、書ききれません。

パーティのエンターテイナーを務めたのは、歌手のDulce と Randy Santiago。

|

« 歴史的英雄ラプラプ 植民地化問題 | Main | Mother's Day 古代ギリシャからの「母の日」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/3958923

Listed below are links to weblogs that reference 100歳のお誕生日 エラップ無罪放免の確信を宣言:

« 歴史的英雄ラプラプ 植民地化問題 | Main | Mother's Day 古代ギリシャからの「母の日」 »