« Jumbo Kingdom Restaurant | Main | ランソーネス(lanzones) »

October 19, 2005

付加価値税反対(5)・・・&ハローウィーン

evat1

evat2

独裁者で経済音痴のアロヨが強行しようとしている、付加価値税の導入は、反対の国会議員などの抵抗もあり、最高裁で争っておりましたが、最高裁で、認められてしまいました。

それで、庶民が抵抗・反対のデモをしているのが、上記画像です。
ハローウィーンも近いので、ハローウィーン的な仮装をしてのデモです。

フィリピンは、もうクリスマス・ムードとなってきています。

が、そのまえに、ハローウィーンなど、いくつかイベントもひかえています。
しかし、ハローウィーンといっても、その手(カボチャのおばけなど)のデコレーションが町並みにある程度で、一部は、当日に仮装パーティがある程度です。
アンへレスでも、ハローウィーンに、仮装パーティは、パラパラとあります。

しかし、米国本土で盛んにある、子供たちが、一般民家をまわり、
「trick or treet ?」
といって、お菓子をもらう習慣は、フィリピンでは、私はみたことがありません。
米国人が多いアンヘレスでも。
みなさん、いかがですか?みたことがある方は、ぜひ教えてください。

日本でも、この、trick or treet ? の習慣は一般的にはなく、せいぜい、商業施設などにデコレーションが施されたり、そういうグッズやおもちゃが販売される程度と、フィリピンと同等ですね。
しかし、私が生まれ育った場所が、ちょっと特殊?で、近所に、米軍の家族の人たちが住んでいる米軍キャンプがありました。横浜市中区です。
その米軍キャンプ内は、日本の法律ではなく、米国の法律であって、貨幣もUSドル、そして、日本人は出入り禁止だったんですが、まぁ、暗黙の了解というか、そんなテロもないときだったので、私ら子供がフェンスをよじのぼったりして、なかにはいっても、問題視されませんでした。
ので、たまに、米軍キャンプ内にはいり、アメリカ人の子供たちと遊んだり、スーパーで、日本には(当時)なかったものを買い物したり(子供でも、このため、USドルをもっていました)するのが楽しみでした。

そして、ハローウィーンといえば、もう、はりきって、米軍キャンプの中にはいったものです。
それで、かたっぱしから、民家を回り、「trick or treet ?」といってお菓子を集めたものです。
かなりの膨大なお菓子が集まりました。

日本はともかく、フィリピンでは、こんな習慣が広まればいいのに、なんて思ったりします。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

|

« Jumbo Kingdom Restaurant | Main | ランソーネス(lanzones) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/6467767

Listed below are links to weblogs that reference 付加価値税反対(5)・・・&ハローウィーン:

« Jumbo Kingdom Restaurant | Main | ランソーネス(lanzones) »