« Venice of the South | Main | 付加価値税反対(4) »

October 05, 2005

ラマダンの開始

muslim

tacchyです。
フィリピンは、クリスチャンが非常に多い国で、法律にまでその影響が多大にありますが、しかし、それだけではなく、イスラームの方々もいて、それは歴史的にも古いものです。
イスラームのことを語らなければ、フィリピンの歴史にも触れられない位です。
長年に渡るミンダナオ島とそれ以南の内戦状態もそうですが、ミンダナオ島以外の普通の地区にも、イスラームの方々は一杯います。基本としては、共存をうまくしているわけですが、やはり相互理解というのがとても重要とtacchyは考えています。

さて、イスラームの信者にとっては、極めて重要な「ラマダン」が開始になりました。
10月4日の夜がカレンダー上、ラマダンの開始ですが、それはあくまでもカレンダー上のことであり、実際に、地平線上で三日月を目視で確認しないと、日をずらさなければなりません。その目視や日程の決定は、宗教指導者が行うことですが、その目視には、一般信徒も参加などします。
上の画像は、tagulg cityで、一般信徒のムスレマの女性達が、三日月の目視に参加している様子です。
三日月が確認できラマダンが正式に開始となると、10月5日からは、昼間帯は「断食」となります。
10月5日は、マニラのロハス大通りなどでも、イスラム教徒によるパレードなどが予定されております。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

|

« Venice of the South | Main | 付加価値税反対(4) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/6257588

Listed below are links to weblogs that reference ラマダンの開始:

« Venice of the South | Main | 付加価値税反対(4) »