« [ビガン紀行7]リゾートでの朝食など | Main | [ビガン紀行9]ビガンのランチは「イロコス料理・イロカノ料理(1)」 »

August 19, 2013

[ビガン紀行8]ビガン市街地をカレッサ(馬車)で回る

tacchyです。

Dscn1698_2

Dscn1706_2

ユネスコ世界遺産ビガンです。

ビガンは味わいあって奥が深いし、ビガンもイロコス全体も散在だけど見どころ満載だし、駆け足で回ってはあまり情緒ないし、できれば最低でも2泊3泊したいところです。

問題はビガンにホテルなど宿泊施設はあって、それはそれでとてもイイものだけど、それが味わえる大人だけの世界になってしまう。今回は二人の子連れなので、あまり好きじゃないダイジェスト的にビガンを含むイロコス巡りになりました。その分、子供たちは飽きずに又リゾートでの色んな遊びを満喫できましたが。

次回は2-3週間レベル以上で、ビガンに滞在しよう。たぶん単身になるだろうか。

特に書き物をしたり、調べ事するならうってつけで、もっと長期滞在で、となるかなぁ。

カレッサで市街地を回わるだけでも、16世紀からのスペイン文化と、そして散見できる日本文化に、まさに「言葉を失う」・・・  その動画です。

「節操ない米軍」は、第二次世界大戦で、こんな歴史あって素晴らしいビガンを「砲撃」破壊しようとした。

それを救ったのがビガン駐在の日本兵たち。

ヴィガンを残さなければならないとの使命感から日本兵がカソリック教会に泣きついて、ローマンカソリックを動かすことに成功、カソリックから米軍に話をした・・・・・・・

その立役者だった日本兵の中心だったうち、最低2名は、ヴィガンのフィリピン人と結婚そしてヴィガンに骨を埋めております。

残念なことは日本人としてはその子孫たちに会いにいきたかったのですが、マニラはじめほかの土地にいるとのことで、それを果たせなかったこと。

これがとても残念ですね。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

|

« [ビガン紀行7]リゾートでの朝食など | Main | [ビガン紀行9]ビガンのランチは「イロコス料理・イロカノ料理(1)」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

What a stuff of un-ambiguity and preserveness of valuable experience on the topic of unpredicted feelings.

Posted by: {Gta 4 Free Download | March 08, 2015 at 08:42 AM

When somebody needs abrupt fiscal help she or he must get it as soon as you possibly can katy perry tickets usa did you know it is possible to now get easy payday cash advances online with just a computer and internet access.

Posted by: katy perry tickets usa | March 03, 2014 at 05:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/58020108

Listed below are links to weblogs that reference [ビガン紀行8]ビガン市街地をカレッサ(馬車)で回る:

« [ビガン紀行7]リゾートでの朝食など | Main | [ビガン紀行9]ビガンのランチは「イロコス料理・イロカノ料理(1)」 »