« 外国人がフィリピン人従業員の管理方法をきくというナンセンスな現実  良ブログ発見でウレシく紹介もします | Main | 中レベルの虫垂炎だろう、それで9名のアドバイスに、病院いけちゅ〜のは一件もない。医学の最先端とは、こんな世界だね。 »

February 13, 2016

日本人が醸し出す独特な口臭体臭を世界でしらない人はいない。各国お互い様だが、純日本人として長年に味噌汁を飲まなかった経緯

tacchyです。

純日本人なので、子供の頃から味噌汁は日常でした。
大学で一人暮らしになってもそこそこ作ったかと思いますが、別理由であまりかな。
2011年まで、つまらない私のことでかなり話題になるのは。味噌汁を飲まないことだったと思います。
全面公開すると、大学院でリヨン@フランスにいって、自炊ができるものの、そんなに欲しくないので、日本食からかなり遠ざかっていた。時代から食材入手も大変ではあるものの、それなりにそういう日本人ネットワークはあっても。食べ物に困らない環境ですしね。
さて。本題。
日本人がNAIA到着でも、他でも、かなり独特の匂い・・・嗅覚に訴えるものがあるかと思います。
どの国にもそれなりの文化があり、嗅覚的には、独自のものがある。
そして日本が臭いという表現をされるかどうかは、別にして、独自の匂いに包まれているのをしらない外国人はいない。
ブラジルから帰化して日本国籍をとったラモスが、ブログでここ数年で、それを書いているの、たまたまみました。
羽田空港から東京のどこも、醤油の匂いが充満してて。サッカー練習場の横に日本刀をさした侍がいる。こんな国にいれない、と、夜に帰国したいと泣いた、という趣旨書いてます。
ぐぐればあるはず。
侍は、時代劇の撮影を理解してなかったようです。
ラモスは彼の私感で、醤油の匂いとしてますが、昭和の一定までは、醤油が本物だったので、街に、そういう匂いが強烈にある場合もあったかとは思います、あまり日本人は感ずかないかも。
今でも、野田市とかいけば、明確にわかるかと。
ただ醤油だけではないのです。
大体、ユーロの人に単刀直入にきけば、「かびの匂い」とか表現する。
リヨン時代に、私は、日本人の口臭と体臭が発散するものを何度も検知してしまった。余計、日本食から離れます。
分析すると、醤油と味噌という、体にはとてもよい発酵食品を摂取すると、体内でもさらに発酵する。その発酵が体にはよいのですが、全身からその特有の香りを発散する。
幸いに、まわりに親日家も多いものの、明確な区別がある国で、若い状態で、日本人アイデンティティを保ちながら(こんなのは、人で全然違う基準)、黄色人種である私は、日本人が発散する匂いを、くさいと強く感じてしまい、若気もあったのか、内心では、こんなのとキスなんかできねーよなとか、毒づいていたと思います。
納豆なんて食べたら強烈で、海外なら食べた人がいれば10メートル先からでも感知しますよ。
もちろん、ユーロそれぞれがかなりの匂いあります、あはははは。
当然のこと。
私個人は、嗅覚に関して、かなり敏感というのがありますね。
どこの国でも何国人でもあることなので、お互い様。とやっていくのが、インターナショナルなんですけどね。
戻ってからは、普通日本食もとってますし、納豆も食べます(^^;
味噌汁だけは、どうでも飲めなかったんですよね。
外食で普通にでてくるのを手をださないから、結構、目立つ。
あとは、外食の味噌汁はぶっ壊れているの多いから(一番は、調理基礎の温度。一度、一定以上の温度にあげると、破壊されて価値が失せる)、余計です。
もっとも、妻がそこそこ作っていたので、味噌選び、味噌を一定以上の温度にしない、そもそも食べる前に溶かす、というところで、多少は食べるように変わってきました。
自宅では食べ始めていたのです。
それでも口にいないことも結構、あったかも。
ここまで10年以上の長い月日があったわけですね。
私自身は、そんなに人間大きくないので、もともと行きたくない国に入国すると、当然に独自の匂いがあるので、それをくさいとい表現を心にもつことありますけどね。
ただ。つまらない私ごときはいいのですが、2016年というこの時代、まだ日本人そのものが独自匂いで有名なことをしらない方はいないとも思いつつも、エッセイ風に、書きなぐってみました。
好きでフィリピンにいるケースではまずないことでしょうが(相互文化理解が前提なので)、好きでいるわけではないと、私自身が極東とかであるような(国名はかけない)、くさいというのはあるでしょうね、ただ自分のことしれば、そうもいえないもんです(爆)
私も憎々しげにくさいと思う国はいくつかありますが(フィリピンでは、くさいとは全く感じない。ある種のみっつの嗅覚は動く)、とてもその国名はかけないし、普通は、自分もそう思われているのですよね(爆)
嗅覚的にすごい話ありました。思い出した。死別した前妻と別居はじめたマニラ時代。結構、遊んでいた気がします。どうせその場限りである知り合ったばかりのフィリピン人女性とバロットをふたりで食べてキスしたなんて、強烈なことを、なんどかしたかも(爆)
激変したのは、2011年から。大分から天皇陛下献上(ぐぐれば、わかります)の味噌を取り寄せ、積極的に摂取して、海外諸国に短日でる際に気にしないどころか、少量をパックにいれてもっていく位です。
味噌そのものと、体内で発酵したもの、その匂いを振りまいてます。
チェルノブイリ事故で1000キロ範囲で悲惨な被害がでました。特にドイツからが目立ちましたが、日本に何ルートもで、味噌を送ってください、とジャンジャン要請がきました。
世界は、ドイツ語フランス語ロシア語ノルウェー語フィンランド語スウェーデン語では、超有名な、日本の天才医師で物理学と生物学と化学の大天才・故 秋月さんをしっている。日本人だけはしらない人が多いかも。
翻訳図書がロングセラーですからね。
長崎原爆の2キロ内にあった聖フランシスコ病院の責任者であった秋月さんは。血だらけになりながら、瞬時に、原子力爆弾の原理を理解して、その対策をモノがない時代に即座に打ち立て、自身とスタッフに徹底した。
スタッフ全員が原爆病に実際ならないという奇跡を平成までみせた。まさに常識ではありえない。
そりゃ、「救世主は日本から現れた」と世界で有名にはなりますね。
その養生はシンプルで、その一つは、わかめの味噌汁を飲むことです。
現在は、世界初という、東京電力の自称:4機のメルトアウト、最近、アメリカ情報公開法によると6機のメルトアウトが継続しており、東京電力も政府も5年間、何もできなかったのが、世界の大問題であるわけですが(テロリスト国家レベルの見られ方)、ま、そんななか、堂々と味噌、それも殺菌されていない昔ながらの、堂々ととりたいものです。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

|

« 外国人がフィリピン人従業員の管理方法をきくというナンセンスな現実  良ブログ発見でウレシく紹介もします | Main | 中レベルの虫垂炎だろう、それで9名のアドバイスに、病院いけちゅ〜のは一件もない。医学の最先端とは、こんな世界だね。 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/63205437

Listed below are links to weblogs that reference 日本人が醸し出す独特な口臭体臭を世界でしらない人はいない。各国お互い様だが、純日本人として長年に味噌汁を飲まなかった経緯:

« 外国人がフィリピン人従業員の管理方法をきくというナンセンスな現実  良ブログ発見でウレシく紹介もします | Main | 中レベルの虫垂炎だろう、それで9名のアドバイスに、病院いけちゅ〜のは一件もない。医学の最先端とは、こんな世界だね。 »