« keiko☆アンへレスぶっちゃけ話 第8  ゴーゴーバー其の五 | Main | keiko☆アンへレスぶっちゃけ話 第9  ゴーゴーバー其の六 »

March 03, 2016

為替・株式・相場の鍵「ロシア」   レーニン・スターリン大批判の真相  「紅い盾」に宣戦布告

tacchyです。

全ての「相場」に、鍵をもつロシア。重要な観察が必要。
内政で、プーチン閣下が、レーニンとスターリンを具体的に、大批判行う演説。
これは、大きな意味があるんだよね。
SNSでロシア人とも結構繋がっている。あんまり外部ネット、つまりWEBにはでてこないロシア人が多いが、でることはできるし、してもいい。
プーチン閣下は、国内を重視してて、国民に「ダーチャ」という自家菜園つき別荘をゆきわたらせる政策とかしている。
ロシアは、モサント(遺伝子組み換え)も禁止になった。
TPPで自家菜園禁止とかモサント推進と、逆。
基本として、プーチン閣下は、国民から信頼が厚い。
かといって、過去とはいえ、思想に絡む大批判。一見は、非常に危ういとみえてしまう。
当然、プーチン閣下の経歴は、「諜報」「情報」が専門で、第一人者であるから、大統領にまで上り詰めた。そういう背景から、迂闊な発言などするはずもない。
結論。
国内に残る、ある意味で世界でマイナス的な問題がある「赤い盾」の残党を炙り出しているのだろうとしか、考えられない。
あれを掃除すると、ロシアは、もっともっと、非常に、良い状態になる。
レーニン、スターリンは、「赤い盾」との深い関係がある。
これは内政をよくすることだが、プーチン閣下は、世界の「赤い盾」に宣戦布告をしたともいえる。ロシアが、それだけの力になった。また「赤い盾」の衰えも大きいということ。いまだに、ちょうどいまロンドン株式ではイカサマ茶番やってるのみえみえにしてもね。
また世界 為替・株式・相場 が・・・・・・不規則へ動く。
赤い盾も為替・株式・相場のキー。
ある意味では、「赤い盾」に表立って、触れることはタブー。
日本政府が、日露戦争の戦費を借りたのは、「赤い盾」。その返済完了は、1986年。これは有名だ。
その概要が。なかなか世界で、出版できない。なんと日本人が一番に詳しく書いている。広瀬隆さんだ。去年も、ほんわかと、お会いできた。数人の茶会。
これが原因で、広瀬さんは、クルクルパー日本語メディアから、禁止人物になった。CS放送とかなら、出演している。
広瀬隆さんの「赤い盾」は、とてつもない力作。各言語に翻訳できない。その理由まで、それをさせない具体的なことも家系図つきで説明してある。
読み始めると、冒頭から、大仰天したよなあ。あまりの「知的興奮」で徹夜をはじめてしまう。ある国家の分厚い人名録に、妙な空白がある、事実。それを、アルファベット順にみると、その人名録が出版された時の大統領でしかない。それが欠落。
もちろん、日経の株式とかいじるなら、読んでいるよね。
日本語だけなので、全ての相場に、日本人はチャンスなんだよね。もちろん正式に翻訳の出版ができなくても、苦労して、世界の相場さわる人がみてはいる。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

|

« keiko☆アンへレスぶっちゃけ話 第8  ゴーゴーバー其の五 | Main | keiko☆アンへレスぶっちゃけ話 第9  ゴーゴーバー其の六 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/63292102

Listed below are links to weblogs that reference 為替・株式・相場の鍵「ロシア」   レーニン・スターリン大批判の真相  「紅い盾」に宣戦布告:

« keiko☆アンへレスぶっちゃけ話 第8  ゴーゴーバー其の五 | Main | keiko☆アンへレスぶっちゃけ話 第9  ゴーゴーバー其の六 »