9 posts categorized "ファッション・アクセサリ"

March 27, 2014

三つ目四つ目のピアス穴を開通 この一年間は余り派手なのできないけど

tacchyです。

三つ目四つ目のピアス穴をあけました。

両方とも、耳たぶに、二つ目という形です。

Img_1128

フィリピン人はピアス大好きですね。赤ちゃんからいれている子供もとても多い。

なかなか日本はそうもいかない。

そういう赤ちゃん時代からやるという文化がないので、好奇心で他の子にいたずらでもされたら、裂傷とか心配ですよね。

この穴あけこそ、やってくれる、というフィリピン人がとても多いのです。日本人も、USAの人、ユーロの人でも多い。

ピアッサーを使えば、出血なしで、素人でも簡単にあけられる、というのはありますよね。

但し、すべて、断りました。

日本人は元々が耳たぶの厚いケースが多い。私なんて平均以上に、かなり分厚い。だから欧米感覚では無理。薄い処をどうにか探して、あけないと、後々が困るのですよね。

それで、医師にやってもらいました。

ピアッサーを使ってましたが(笑)

ただやはり専門だけあって、確実です。

右と左の耳の作りは、対象でないものです。私もそう。薄い部分が違います。

画像は左ですが、適度に間隔があいたので、そこそこ応用がきくと思います。

右が間隔が狭いので、あまり派手なのを二連荘で、というのも考えないといけません。

但し、隠居したとはいえ、社会的立場から、来月からの新期首からの一年間、そうそう目立つピアスはできなくなりました。

もちろんプライベートではイイのですけど、そこが曖昧な立場・・・・・・

今回あけた二つのファーストピアスも、薄いところを探したといっても、欧米基準からは厚いので、長いのを。

一か月か二か月で安定するか、と思います。

取り合えず、誕生石とかと全く関係ないけど、外側のファーストピアスはアメジストです。

穴が安定したら、もうしないと思いますけどね(^^;

アメジストの色もなかなか良いものですね、

この二つ追加で耳は終わりにしようと思っています。

上の軟骨にいくつかいれたいというのもあるのですけど、軟骨はトラブルが多いようで、面倒ならどうかな、と考えてしまいます。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (38) | TrackBack (0)

March 21, 2014

フィリピン人は18Kとか大好きだが ポーンショップのレベルが低すぎるからという理由なんだよ

tacchyです。

今は、ピンクサファイアとダイヤモンドのネックレス、ピンクサファイアとダイヤモンドのブレスレッド、ピンクサファイアのピアス、ピンクサファイアのメガネチェーンをしてて、ピンク天然石だらけなんですけどね。

サファイアは私の誕生石。だから当然に私にとってはパワーストーンです。その意味で愛用とかはしたいもの。

ただ、ノーマルなサファイアの色は、黄色人種にそう似合うものではない。

白人だと、どの色も似あうのですけどね。

ブラックにも、どの色も似あいやすい。

青と肌色が混じると、すごい不潔感が、逆に、でてしまい勝ち。

今のメガネのレンズはUVカットが普通に入っているけど、昔はそうではないので、軽くでも色を入れたもの。

日本人がそれで青を薄くても入れると、外見が非常にみっともない、と感じてました。とても白いお肌の方は全く別ですけど。

これはレンズにしろ、色石ジュエリーにしろ、その透明感が肌色とダブってしまうからで、洋服とかになると、また話は全く違いますけどね。

だから、サファイアなら、ピンクサファイアに拘るのですね。

決して、ピンクに拘っているわけではなく、ほかの黄色人種に似合う色でも良いのです。

まぁピンク色は嫌いじゃないし、好きな方ですけどね。

私はベースが黄色人種としてはノーマル、そして露出部は日焼けをしていますからねぇ。小麦色って感じですわな。

有難いことに、サファイアは、ピンクサファイアがそこそこ存在しています☆

この類の天然石は、多くのフィリピン人には、あまり価値がないものです。

よく香港いくとか、そういうフィリピン人じゃないと、価値がわからないのですよね。

フィリピンのポゥンショップ(質屋PAWNSHOP,)では、換金性が高いゴールドなら、ちょっとコスれば14Kか18Kかそれ以上かスグわかるので、即プライスがでる。

ところが、ダイヤモンドとなると、その鑑定すらできないのですよね。

だから海外の事をよくしっていないフィリピン人には、なかなか価値が実感できない。

私は宝石商(企画から買い付けから制作から販売までしている)のシステム監査とシステムコンサルティングをしたことがあるだけで、まぁTVコマーシャルでも有名な日本の企業ですけど、その社長から宝石鑑定ルーペをかなりの数プレゼントされて極簡単な手ほどきをうけたのです。ダイヤモンドなら「20倍ルーペ」だけで2分もみれば、この私ですら、まずおよその価値がわかってしまうんですけどね。

20倍での、内部の傷はどうか、まーそれが一番ですけど、色などのムラはどうか、教科書的なことです。

いろんな色石も、その石の基礎プライスとバリエーションがわかれば、全く同じ事。

いつになったら、一般的にジュエリーが展開されるのでしょうか。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (40) | TrackBack (0)

March 17, 2014

足(股下)が長いからパンツの裾上げをしないで済むが、それはそれで不便もあるのですよ。

tacchyです。

特に隠居してから、どこの国でも、作務衣が非常に多いし、着流しも。

普段着として実にいいですから。

さて、しかしそうばかりもいってられません。

パンツ(ズボン)を4着、購入しました。

問題は、私が、非常にウェストが大変動すること。

サイズは、USAの35か34辺りにすれば、まだイイのですけどね。

それでも、それが物理的に着れなくなる程に肥える時期もあれば、それをベルトで絞めても余りにユルユルでみっともない時期もある。

多食の時期は一日5-6食するし、少食の時期は一日一食もするか。

それがすべてウェストだけに反映するのですよね。

元々、私は足が長い。つまり股下ですね。

若い頃は年齢なりの多食でもウェストが70cmだった、ま80cmをギリギリ切る位。

そのウェストでいくと、ことジーンズ系はUSA製品でも、裾上げが不要どころか、短くて困ってしまう状況になっていたのですよね。

アイビー系、トラッド系は、相当に長くあって、裾上げをしてきましたけど。

元々は、あまりジーンズを好まないのですよね。

股下は、ウェストや身長と連動が大きいですね。特にウェスト。

身長は178cmです。

今回はその余り好まないジーンズ系、かなり柔らかい生地などが気にいりまして2種類を購入です。

メーカーによって、また商品によって、サイズ表示と実際は違いますからね。

一つの種類は大き目に作ってあって、ウェスト34。cmで換算だと83とかですかね?

これはピンク?(?薄い小豆色とでもいうのか。気に入ればレディースも着用ですがコレはメンズ仕様です。)を2着、グリーン(渋め)を一着。

この種類は、踵に長め程度、地面から1cm位に上で、裾上げ不要、むしろ裾上げが殆どできにいくい、という感じ。

もう一種類は、ウェスト35。cm換算だと85位と思います。

これはグリーン(鮮やか)とブラウンを一着ずつ。

この裾が短くて、踵が見えすぎてしまい、チトチト不満なところがあるのですよね。

裾上げとか面倒なことを省略できることが多いのは、面倒なことが好きじゃない私にはイイのだけど、こういう不便さもあります(~~;

ウェスト大変動とか裾を、ほぼ気にしないで済む日本の、普段着として「作務衣」、「着流し」、正装として紋付袴は、実に優秀ですね。

だから日本に限らず良く着用します。

私が茶道家というのもあるけど。

ウェストのお蔭で、昔の黒い礼服が切れなくなっています。

だから冠婚葬祭は紋付袴。

海外ではタキシードですけどね、フィリピンではバロンです。

バロンは普通の普段着で快適だし見た目も清潔で良い、良いバロンは正装と、なかなかよい文化です。

さて、日本では、という話ですが、袴が好きってのはありますけどね。

ただ黒い礼服の方が楽なこともあるので、一着作っておかないといけないです・・・・・・・

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 16, 2014

寒さだけじゃなく「暑さも涼しくする」機能のネックウォーマーとキャップ(帽子) これは世界中で万能ツールに使える逸品ですね、

tacchyです。

日本は冬物の在庫セールがもう終わりに近く、春以降の品揃えになっています。

常識的に「ネックウォーマー」といえば、防寒の為のツールと思ってました。

殆どの商品がそうだと思いますけど。

何と、冬の防寒に加え、夏の暑さ対策もこなす、というネックウォーマーを偶然に見つけました。

これ本当に機能すれば、かなりのマルチで、重宝しますよね。

メーカーは、イタリアのKAPPA。

大きな法人じゃないけど、知る人ぞ知る、プロが採用しているメーカーですね。

その商品はこれです。

因みに、このAmazon JAPANのWEB上の説明には、その事が一切触れられていません。

商品を取り寄せると、詳細の説明があります。

「暑い寒いをちょうどいいに」

「理想の温度帯をキープ」

原理の説明の趣旨はこうです。

パラフィンワックスが入った2-30ミリのマイクロカプセルが、ファイバーに組み込まれたり、生地にコーティングされています。身体に余分な熱が発生した時(暑いとき)はマイクロ・カプセル内のパラフィンワックスが熱を吸収し皮膚表面温度を下げ、逆に寒い時は、パラフィンワックスは蓄えていた熱を身体に放出します。この動きの繰り返しで理想的な温度帯をキープできるのです。

ちょうどそろそろ亜熱帯の香港マカオに急遽いく段取りの最中なので、これを人体実験で実証してきますね。

この商品、カラーが6種類もあって、ユニセックスだから、非常に幅広いユーザーにふさわしいと思われます。

このメーカーKAPPAで同じ素材同じコンセプトで暑さも寒さも解決するキャップはこちらです。これも確か6色あってユニセックスです。

問題は人体実験で、どこまでの効果か、ですけどね。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 06, 2014

黒い靴を買うのは至極、簡単だけどね、俺には全く理解できない世界突入だ が何度も経験したこと

tacchyです。

明後日は土曜日。

8人のフィリピン人とスカイプをしていました。

カソリック、エルシャダイの話ばかり、あと打ち合わせですけどね。

ちょっと雑談がでました。

ある若いフィリピン人男性。自前で自動車も所有しているし、よくパーティに誘われるし、おごってくれようとすることも多いけどこれは申し訳ないので私が奢ることが多いんですけどね。要は経済的にそんな困っていない。

そんな彼が、ぜひ日本のブラックシューズを買ってきてくれ、という。

そしたら、俺も、というのが一人。

エルシャダイ仲間という貴重な仲間だし、黒い靴を買うこと自体は、なんの負担でもない、むしろ相手が喜ぶならとても良いこと。

ただ、靴のサイズ、フィットを全く無視した発想というのは、私には理解不能。

この二人はそもそもブラックシューズを持っている、それなりの場にいくことがあるから。但しパンパンガが拠点だから、フィリピンローカルものが多いのかもしれないですね。

フィリピンローカル生産の良い靴というのはあまりない、こと耐久性は非常によくない。壊れても安価に直してくれる職人がいる、という点は着目ですけどね。

その意味で、パンパンガ拠点の彼らが、日本製の靴に期待をするのはわかるのですよ。

古いマニラ時代も、何度かリクエストあって断った話ですからね。

やっぱり経済的には余裕があるフィリピン人たち。

靴文化じゃない人が多いなあ、という印象。

私の場合、成人する前・・・・・・皆さんご存知の様に今は身長178㎝と高い方ですけど、その前はちびだった。その急激に成長するとき、空手と剣道をやってしまい、特に空手がヤバかったんでしょうね。思いっきり足全体を使ってしまった。命がけで踏み込みを続けました。

その結果、両足の小指の根本に、軟骨が思いっきり飛び出ています。これ、触っただけでも、かなり痛いことあるんですよ。

手術しないといけない案件です。ただ、体にメスをあまりいれたくない。それで放置。

やっぱり成長期前と成長期の激しいスポーツは、気を付けないと、こうやって一生ひきづることもあります。

そんなんで、ただの西洋かぶれではなく、真にフィットしないと、痛くてマトモに歩けないので、シュー・ヒットには、異常に敏感です。

サイズは、日本式では、26.5か26.0ですが、横幅がないと、軟骨の飛び出しで無理。横幅があると、靴ずれもしやすいことがある。

だから、サイズだけあっても、何足も履き直しして、その商品を諦めることも多い。

靴文化のユーロではふつうのことですけどね。

シューフィッターもいますしね。

こんな私だから、靴を、たとえサイズが分かったとしても、他人に頼む、というのが不可能です。

だから、フィリピン人からいわれると、かなり抵抗あるんですけどね。

スカイプだから、靴下を脱いで、足から飛び出た軟骨をみせて、説明しました。

そしたら、話があっちの関係ない方向いったので、今度は、軌道修正をしたんですね。

こんな私ですが、ネット通販で、たまに買うメーカーがありますね。唯一でしょう。

「ecco」です。

もともとがゆったりコンセプトで、4E=EEEEあたりとかをベースにしていますからね。

靴そのものが柔らかい作りが多いので、少々では、靴ずれを起こしにくいってのもありますね。

でも、やっぱり、店頭で、ずらっーーーと、履き直しをしないと気が済みませんね。

日本人としては、「日本の靴だ。すごく持つんだぜ。どんなもんだ。」といってみたいんですけどね。

こと靴に関しては、あまりにも神経をとがらせている私の個人的立場から、それができないのですよね。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 06, 2014

19年間以上使用のフィリピン購入ウェストバッグを新調 俺って物持ちが良すぎるよな 良品が格安でご機嫌です☆

tacchy@アンヘレスです。

ずっとメインに使用していた赤いウェストバッグ。

耄碌で記憶が曖昧で細かい年数はともかくだけど、マニラ・サンファンに在住の時に購入したのだから、もう19年以上の使用です。

かなり汚れてきたのに加えオプショナルが壊れてしまったので、思い切って新たに購入しました。

私って物持ちが良いのですよね。

今回は、捨ててしまいました。

不満がないわけじゃないけど、そこそこ使えるから長年の使用。

ノンブランドと思っていたけど、モンベルというメーカー、アウトドア系会社ですね。

ウェストバッグこそは、、機能性と実用性で、アウトドア系登山系ミリタリー系が望ましい。普段に街での使用であっても。防水や耐久性からもね。

ディパックも同じですね。

今回は私が好きなメーカーではないけどアウトドアでは人気と評価高いコールマンのウェストバッグが、その機能と実用性が私の趣向に合って購入です。

マカオで購入、日本円換算で、約4000円。

香港マカオは関税のこともあるし、また別視点で格安店も多いし、イイです。

Amazonジャパンで調べたら同じものがありました。これですね、やはりマカオ香港はかなり安い。

コールマン ウェストバッグ

↑ここからクリックでも検索できます。

でも、このバッグ、一押しお勧めですよ~♪

そんな大きくなく全く手軽サイズだけど、ipadminiなんて余裕です。

またどうせ20年とか使用するのですよね。

それまで生きていれば、ですけど。

フィリピンでもウェストバッグは色んなシーンで大活躍しますからね。熱帯・亜熱帯でペットボトル収納機能もなかなかよろしい。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (16) | TrackBack (0)

January 31, 2014

安物買いの銭失い フィリピン露店や100円ショップの小銭入れ14回目の破損

tacchyです。

キャッシュレス主義の私ですが、世界どこでも屋台・個人商店等ありますし、それ以外も色々ある、だから押し通すことは無理があります。

私は、こと財布にだけは拘っています。自分にあう機能性・実用性で。国やTPOに合わせて5種類使いわけです。特にカード収納性をかなり重視。ただ、その拘りの財布には、小銭入れ機能がないものを選びます。

問題は小銭ですね。

大陸、香港マカオ、フィリピンでは、かなり小銭が発生するけど、ポケットにいれたり、適当なものにいれたり、机の上などにかなり積み上げで、実はそんなに問題がないのです。

日本が問題です。

車での移動ばかりだから路上のコインパーキング使用度高いし、コイン精米機とか、両替できないシーンで100円玉の使用がよく発生します。

私の行動範囲だと、コインのみの路上駐車エリアの頻度が非常に高い。

家に精米機あるけど、家庭用だから、小さくて量がこなせず時間もかかります。暇もてあましているならいいんですけどね。

徳島から殆ど農薬を使ってないお米を30キロ単位で直送してもらっています。精米も頼めるのですが、私は余り米を食べないけど、食べるなら絶対に玄米。妻子は玄米好きじゃないのですよね。

焦りたくないという性格的なものもあるのですが、100円硬貨を最低15枚位はキープしておきたい。

それに100円硬貨以外の硬貨も発生するので、2種類に区分けできる小銭入れが必要。

車のダッシュボードに放置のもの、家にあるもの、2つ存在しています。

その小銭入れって、アンヘレス・ダウンタウン路上露店での購入が多いです。あとは日本の100円ショップ行きたくないから妻に頼んでのもの。

この両者って、根本的に同じだと思いますね。

日本の100円ショップは日系がチェックをしているから表面的な見えだけが少しイイだけで。

耄碌をしていますから正確じゃないと思いますが、ここ約10年それが今回で最低でも14回壊れて、使えなくなりました。

私は雑な性格ですけど、そんな乱暴な使い方してないんですけどね。

ただ、入っているコインの量がかなり多いというのは、要因にもなりますね

あと単純に一種類だけでなく、二種類分けられるものを選ぶから、比較すれば少し複雑なつくりになります。。

でも、やっぱり質の問題がかなり大きいと思うけどなあ。

やっぱり、しっかりしたものが必要ですね。

これから、きっちりリサーチしないといけないです。

そんなに金額はしないだろうけど、拘りをもって、選び抜きたいです。

もちろん好みもあるけど、その趣向にあって、シンプルで、機能性実用性が良いものを。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (816) | TrackBack (0)

July 26, 2013

成田空港免税店より遥かに安いクラーク免税店、アンヘレス街中の海外煙草酒類も安い

tacchyです。

ここアンヘレスのクラーク空港というよりクラーク特別経済区の中のデューティフリーが非常に安い。

もちろん国際海外諸国のものだが、簡単に比較できる煙草類や酒類や香水類だけみても、日本の成田空港などの免税店より遥かに安い。

この価格をみちゃうと、成田空港や日本の免税店の意味って、って思っちゃうんだけど。

あれですね。

日本の免税店は、日本プライスに沿った家賃や人件費が上乗せされている。

税金はフリーといってもね。

だから、あんなに高いんだなぁ。

その日本の家賃と人件費がバカにならない。

クラークみてると日本の免税店がバカらしくなりますよ。

クラークの外、アンヘレス一般地でも、両替商などが海外煙草などを取り扱っていますが、それもクラーク価格。

日本の成田ほかより激安。

市街地ですらそうなんですよね。

C-POINT(チェック・ポイント)のジープニー乗り場あたりの両替商などで海外の煙草や酒類のプライスをよくみてみましょう☆

必要あれば、市街地かクラーク内で買いましょう。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 13, 2009

PAL機内販売を楽しむ

tacchyです。

ご存じの方も多いように、私は現在、香港ーマカオをビジネス拠点にしています。
住民票は日本ですが・・・マカオのVISAも所有しているので、殆どマカオがベースです。
それでフィリピンに飛ぶのは、東京ー大阪間のように気楽に飛べます。一日に何本もありますから。
しかし、合理的なサービスのキャセイパシフィックのずっとファンになっていて、キャセイの上級会員でもあり、キャセイばかり使っていました。

今回、香港ではなく成田からもう何年ぶりでしょうか(直行便は)フィリピン空港で飛びました。家族の問題もありましたから。

私は、機内販売って好きです。
空港のデューティフリーもいいですが、機内販売は味わいあるレアものが多い。
それでいて非課税ですから楽しいですよね。
いつも楽しんでいます。

Sany0031

この画像は、PALの機体のマウス(光学式)・・・いくらだったけかな?20USDでお釣りがきたような。手前はPAL機体デザインのフラッシュメモリーです。
こうなってくると楽しくないですか?(^^;

Sany0032
Sany0033

この購入した画像は、カソリック国フィリピンのナショナルフラッグならではの免税お土産品ですね。
故ヨハネパウロ二世(バチカン)公認のロッサリーです。
このロッサリーかなり人気で売れていましたよ。私は最後のひとつになってしまい、希望のシルバーは入手できなかったです。


↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)