98 posts categorized "経済・政治・国際"

March 06, 2016

2016年フィリピン大統領選挙アメリカ大統領選挙ズバリ分析☆PART5☆ 在住者だから間違える野蛮な無法アメリカを暴露

ワールド情報精査チームその2#共同執筆者です。
 
"tacchy→hiroko→tacchy→その2→その2"で続けます。
フィリピン大統領選挙は、part3のままです。
上記part4にリンク飛んでから、そこからまたpart3にリンク飛べます。
アメリカ大統領選挙。
1)民主党。
惨状は、part4のままです。
ここでヒラリークリントンの正体明かします。
英雄カダフィ大佐を殺害指揮し、機密をしっている口封じそのグループも殺害されます。
「医療や学費や家財道具が無料で、国民が幸せな」独立国家に意味がない民主主義を押し付けて、金塊財宝を奪っただけなのです。それが目的でした。
 
ヒラリークリントンとカダフィ殺害指令を受けたスティーブンズ駐リビア
 
Photo
 
カダフィ殺害成功後、指令でその機密を熟知するスティーブンズの運命です。
 
4
5
 
2)共和党。
part2で書かれているように、トランプ想定外の大躍進。また書かれたように、トランプは共和党と関係がない。共和党が大激震。
トランプ潰しで、サンダースとルビオ一本化を試み難航中。ここで新たに別な出馬担ぎだし模索中。
3)全米の反トランプと米国の正体
反トランプと親トランプに揺れる米国。
トランプがプーチン大統領とタッグで世界から戦争がなくなる構図。
ところがkeikoが親しいアメリカ在住ジャーナリストが「トランプになれば、アメリカ在住をやめる。」と公にWEB発信です。
アメリカ在住者の弱みですね。アメリカ在住者は世界からみることができなくなります。国内しかみえなくなります。外から冷静にみれないです。
上のヒラリーがやってきたように、これまでアメリカが世界でやってきた戦争は無茶苦茶すぎて、それがなくなるトランプがいいに決まっています。
アメリカの過去を、あいばさんが綴った過去文章をごらんください。hirokoが親しいので、著作権はok。
 
 
『ただ単に身勝手な国』   あいば達也
第一次大戦、第二次大戦を通じて、アメリカは「火事場泥棒」に徹した。どうも、アメリカと云う国は、広い意味で、ユーラシア大陸から孤立する地政的優位さを持っていた大きな島国である。欧州で繰り広げられていた、血で血を洗う戦争において、大西洋を隔てることによって、対岸の火事、洞ヶ峠を決め込んで、武器や弾薬をせっせと生産し、双方の陣営に、それを供給する漁夫の利を得て、世界一の富を築いた。日本の朝鮮特需どころではない利益を、アメリカは得たのである。つまり、遠い地域で紛争を起こし、軍産複合企業が潤う世界戦略に徹していた。そうして、世界の軍事、経済大国が誕生した。倫理道徳の見地から評価すると、最低の国である。

二つの大戦終了後も、アイゼンハワーが退任時に“軍産複合勢力には注意せよ”と云う言葉も虚しく、軍産複合企業構造と云う、アメリカの経済メカニズムは変らなかった。その後、平和が続くに従い、この経済メカニズムは衰退してゆく。そこで、困ったアメリカは、実体のある経済メカニズムから、金融経済メカニズムを構築することになる。この流れで、安定すれば平和だったのだが、軍産複合企業群と云うのは、暴力的であり、陰謀的であった。彼らは、自分たちのコネクションを通じて、自分たちの企業群が生き残れる戦略を描いていた。そうして、世界中で紛争の火種を撒いたり、意識的に傭兵化した反政府勢力を通じて、クーデターを起こさせ、軍産複合企業群の顧客確保に奔走した。

今でも、その流れは変わっていない。ただ、極めて節操のない国であることは、今後も厄介な問題を惹き起こすに違いない。軍産複合企業群と云う暴力装置と、どこまで貪欲にして満腹を知らない金融勢力が、アメリカの二大支配権力なのだから変るべき要素が乏しい。現在行われている大統領選挙の情勢を見ても判るが、金融勢力の影響下にいるクリントンか、貧困に悩み怒る白人に支持されるトランプか、そう云う感じだ。まあ、サンダースに一定の支持が集まっている事実が、唯一、アメリカの救いではあるが、今回の大統領選で結果を出すことはない。

相当ザックリとアメリカを見てきたが、この国は、石油依存の激しい国なので、石油が喉から手が出るほど欲しがる欲望が渦巻いている国でもある。ゆえに、グリースパン回顧録ではないが、先のイラク戦争は起こされた。911事件に疑惑が湧くのも、この辺に起因している。911が、アメリカの勢力による実行ではなかったとしても、そのようなテロが起きることを黙認した可能性はかなりの確率であるだろう。つまり、イランの原油に手を出せないので、イラク戦争で石油利権を米英で独占しようとしたことは、その後の事実が証明している。

サウジとイラクの石油利権で、一息ついたのがアメリカと云う国だ。ところが、幸か不幸か、アメリカで、「シェール革命」が起きてしまい、同国は、一気に石油大国になってしまった。こうなると、節操とか民主主義とかに、本気でコミットする気のない狡猾な連中は、中東への興味を俄然失う。中東の大国が「イラン」なのは、アメリカだって知っている。石油利権への京美が削がれれば、一番喧嘩をしたくない中東の国はイランである。そうなると、サウジアラビヤが宙に浮く。もともと、いい加減な国王の国で、国家の体を為していなくても、金があるから砂上の楼閣は持っている国だ。

王族の中でも、最も教養のない皇子の後継者が権力を握ってしまったので、イランへの敵愾心を剥きだしにしている。イラクのフセインが梯子を外されたと同様に、いま、サウジやバーレン、カタール、UAE‥等、いつ内戦や市民蜂起が起きても不思議ではない時代に突入したようだ。我が国も、早期に原油の供給ルートを模索しないとヤバイことになるだろう。ロシアとのパイプを太くするか、イランとのパイプを太くするか、選択は迫っている。以上、簡単に、アメリカと云う国を評価してみたが、異論も大いにあるだろうが、大局的には、そう云う国である。

歴史の重要性を知らない国は怖い。メインの民族的意識がないのも怖い。すべてが、その時々の損得で決する。日本のマスメディアが崇めるような、アメリカンデモクラシーなど、ある筈もない。ただ単に、身勝手な国であり、歴史上、最高に無教養な覇権国家と云うことだろう。最近は、安倍政権の経緯よりも、中露英独の流動的な世界戦略の方が、よほど興味深い。感情と思い込みで政権が動いているし、言葉で言うほど、大層なことも出来ない安倍政権だが、マスメディアのヘタレどもは、大層な権力だと勘違いし、甲羅の中に頭を引っ込めている。多くの国民が、わい曲された為政を聞かせられ、大局を見失う親米にさせられている事実は、正直、手の施しようがない。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

 
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 05, 2016

hiroko☆1米ドル=75円の円高で安倍総理大臣がならずもの餌食 先ず日本人を2倍豊かに戻してからの責任問題

はいけい安倍晋三総理どの

国会でアベノミクス成功失敗が責任問題でどっちでもいいのです。
アベノミクスで日本円を印刷して米ドルたくさん買いました。
アベノミクスで1米ドル75円を1/2円安にしました。
くだらない責任が怖くて成功失敗で揺れる前にしてください。
日本政府が買った米ドルを売却しなさい。
昔買った米ドルと米国債もです。
1米ドル75円に戻してからお話しましょう。
ともかく最初にします。
海外在住者が半分価値日本円に苦しむのが元に戻ります。
日本在住が輸入品2倍に苦しむのが元に戻ります。
お話はそれからです。
そこでやっと安倍総理は1億2000万日本人と対峙できます。
くだらない責任で成功失敗を論じる前にやりなさい。
先ずやりなさい。
ならずもの米国の報復が怖いですか?

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 04, 2016

2016年フィリピン大統領選挙アメリカ大統領選挙ズバリ分析☆PART4☆

Photo
Photo_2

"ワールド情報精査チームその2"です。

*クリックでpart3読めます。
"tacchy→hiroko→tacchy→その2"で続けます。
フィリピン大統領選挙は、part3のままです。
アメリカ大統領選挙。
私たちが求めているのは、 「平和」それだけです。
戦争をする理由と大義がないのです。
チームは情報精査なので、行動などしません。ましてや、「変革」や「革命」など全く関係ありません。
チームが分析をしている場所で、諦観が流れています。
ヒラリークリントンになって、甘い予想が外れ、地上どこかで無理やり、代理戦争が起きるのではないか?
サウスカロナイナで、民主党員の黒人80%以上がヒラリークリントンに投票と発表されました。
a)この数字が、異常すぎる。
b)ウォールストリートジャーナル英語版の説明に、グループ誰もが納得できない。
こんな無茶が横行であれば、最終的に、ヒラリー+代理戦争勃発しかねない。
つまり、軍需産業利権派の思う通りに、されてもおかしくない。
戦争経済の有効性は、どうでもいいことです。
戦う必要がないのです。
一つの期待は、トランプが公に脅してます。
ある事を暴露する。
15年以内、アメリカが起こした戦争関連と思われます。
トランプに、ソースあるのでしょう。
ただ、この脅しを、実行(暴露)する勇気があるのか、わかりません。
現在、プーチンがトランプに派遣した高度訓練ボディガード30名程います。
でも、亡命しないと、なかなかいえないのではないでしょうか。
もう一点は、ロシアが握ったヒラリークリントンのメールには、カダフィ殺害のことが書かれています。
トランプが勝てば、平和になります。
ヒラリークリントンなら、スリリングなバトルの上、どうなるでしょうか?
奨学金を返済しないでいいから出兵する(経済的徴兵)。学費を無料にする。
前者を経済的弱者層が支持している、との説明はいかがなものでしょう。
アメリカに国防上の危機がなく、国民に好戦ムードも全くないのです。
みなさんはいかがですか?
とてもおかしくないですか?
続編

↑クリックでリンクにいきます☆

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 03, 2016

第6世代「無人」戦闘機  有人では不可能なスペック

http://jp.sputniknews.com/russia/20160303/1716314.html

ロシアの航空機メーカー、スホーイ・カンパニーが第6世代戦闘機の試作を発表した。ドミートリー・ロゴージン露副首相が伝えた。

ロシア航空宇宙軍のヴィクトル・ボンダレフ最高司令官がプロジェクトの詳細について語ったところによれば、作られるのは有人バージョンと無人バージョンの2通り。

「航空機は次々と更新されていく。もし我々が今開発をやめてしまえば、それは永久に止まってしまうことを意味する。だからこそ開発は続く。第6世代、そしておそらく第7世代というように」とボンダレフ最高司令官は報道陣に語った。



続きを読む http://jp.sputniknews.com/russia/20160303/1716314.html#ixzz41oc4w6ua
ーーーーーーーーーーーーーー
tacchyです。
ロシア航空宇宙軍。
遂に、一般公表。
この第六世代。有人ではない、「無人戦闘機」の理由はスペック。マッハ3以上の速度なので、人間が乗れないのです。そのMaX速度内の加速減速では無理と判断された。乗れるけど、使い物にならない。
第五世代は、勝負ついてます。スホーイ35は、世界のどの戦闘機より、「3倍遠い」距離から、相手の戦闘機を察知できるスペック。
これで地上が平和になってほしい。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

為替・株式・相場の鍵「ロシア」   レーニン・スターリン大批判の真相  「紅い盾」に宣戦布告

tacchyです。

全ての「相場」に、鍵をもつロシア。重要な観察が必要。
内政で、プーチン閣下が、レーニンとスターリンを具体的に、大批判行う演説。
これは、大きな意味があるんだよね。
SNSでロシア人とも結構繋がっている。あんまり外部ネット、つまりWEBにはでてこないロシア人が多いが、でることはできるし、してもいい。
プーチン閣下は、国内を重視してて、国民に「ダーチャ」という自家菜園つき別荘をゆきわたらせる政策とかしている。
ロシアは、モサント(遺伝子組み換え)も禁止になった。
TPPで自家菜園禁止とかモサント推進と、逆。
基本として、プーチン閣下は、国民から信頼が厚い。
かといって、過去とはいえ、思想に絡む大批判。一見は、非常に危ういとみえてしまう。
当然、プーチン閣下の経歴は、「諜報」「情報」が専門で、第一人者であるから、大統領にまで上り詰めた。そういう背景から、迂闊な発言などするはずもない。
結論。
国内に残る、ある意味で世界でマイナス的な問題がある「赤い盾」の残党を炙り出しているのだろうとしか、考えられない。
あれを掃除すると、ロシアは、もっともっと、非常に、良い状態になる。
レーニン、スターリンは、「赤い盾」との深い関係がある。
これは内政をよくすることだが、プーチン閣下は、世界の「赤い盾」に宣戦布告をしたともいえる。ロシアが、それだけの力になった。また「赤い盾」の衰えも大きいということ。いまだに、ちょうどいまロンドン株式ではイカサマ茶番やってるのみえみえにしてもね。
また世界 為替・株式・相場 が・・・・・・不規則へ動く。
赤い盾も為替・株式・相場のキー。
ある意味では、「赤い盾」に表立って、触れることはタブー。
日本政府が、日露戦争の戦費を借りたのは、「赤い盾」。その返済完了は、1986年。これは有名だ。
その概要が。なかなか世界で、出版できない。なんと日本人が一番に詳しく書いている。広瀬隆さんだ。去年も、ほんわかと、お会いできた。数人の茶会。
これが原因で、広瀬さんは、クルクルパー日本語メディアから、禁止人物になった。CS放送とかなら、出演している。
広瀬隆さんの「赤い盾」は、とてつもない力作。各言語に翻訳できない。その理由まで、それをさせない具体的なことも家系図つきで説明してある。
読み始めると、冒頭から、大仰天したよなあ。あまりの「知的興奮」で徹夜をはじめてしまう。ある国家の分厚い人名録に、妙な空白がある、事実。それを、アルファベット順にみると、その人名録が出版された時の大統領でしかない。それが欠落。
もちろん、日経の株式とかいじるなら、読んでいるよね。
日本語だけなので、全ての相場に、日本人はチャンスなんだよね。もちろん正式に翻訳の出版ができなくても、苦労して、世界の相場さわる人がみてはいる。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2016

hiroko☆日米戦争「主犯人」ならずものルーズベルト暴露本ベストセラー

Photo

hiroko@hongkongでマッタリしてます。明日ジンバブエに向かいます。

tacchyがいくつかSNSで拡散しています。
色んなブログでこれからtacchyも拡散するでしょう。
もうアマゾンでベストセラーなのでご存知でしょうか。
日米戦争の主犯人ならずものルーズベルト大統領の狂気をフーバー大統領が明かしていること日本人により書籍化しました。
ぜひご購入ください。
これを読んでませんがフーバー大統領のペーパーをよく知っています。
大東亜戦争とは日本の侵略占領戦争では全くなかった。
ただ単にならずものルーズベルト大統領が日本を欲しかった。
日本が欲しいその為には日本を完全破壊するしかない。
原子力爆弾を使う必要もなかった。
それらの詳細が書かれているはずです。
帯にありますねマッカサー元帥が狂人といったのは真珠湾と特攻ではなくならずものルーズベルト大統領。
あんなに世界に迷惑と被害を与えたならずものルーズベルト大統領。
フィリピンもどこもならずものルーズベルト大統領の狂気です。
何故この時期に出版許可したのかそこに大きな意味あるのです。
ならずものヒラリーはアフリカ英雄カダフィ大佐殺害及び殺害グループの殺害というならずもの司令官だったことロシアに機密メールを握られ終わっている。
ならずものヌーランドは機内で精神病発作おしてロシア緊急着陸入院し自白剤で終わった。
ならずものマケインはアルコール依存症悪化でもう政治を去るしかない。
軍事力もない。
財政力もない。
ならずものが消えていく世界的歴史の手前なのです。
最後のあがきで後1−2年は何か起こすかもしれませんがそこまでです。
それに日本が巻き込まれませんように。
歪んだならずもの1極支配は終わります。
端的には日米同盟も終焉にさしかかています。
東西冷戦が崩壊してどん底からコツコツ努力しロシアは世界一軍事力・豊国へ中国は世界二位軍事力と世界経済を握る国になっています。
だから日本語で出版できました。
アベノミクス核心をつく日本語図書は全て印刷もできない大本営の言論統制なのはご存知ですよね。
逆にここで出版したい裏側の意向があるわけです。
と書けばお分かりだと思います。
こちらから購入できます。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 01, 2016

2016年フィリピン大統領選挙アメリカ大統領選挙ズバリ分析☆PART3☆

tacchyです。

第三弾です。
私→hiroko→私となります。
次が誰か、「ワールド情報精査チームその2」が起動するか、全く未定です。
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/tacchyal/2016/02/post-1369.html
http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/tacchyal/2016/02/part2-8149.html
フィリピン共和国。
ポーとビナイ一騎打ちステージへと。
嬉しいことに、二人とも「純粋」で「真の愛国者」である。だからこそ、本当に悲しいことだが、就任すると、「政変」が起きやすい。
庶民視線、つまり「国民の95%見据えた政策」へと、どこかでドンと、舵を切る。そこで「EDSA3」が起きやすい。簡単な構図。
さて、二人それぞれ就任シミュレーション。
1)政情の安定性
ビナイ  >>>>>  ポー
2)外交
ビナイ >>>>>>>>> ポー
3)経済政策と効果(政権転覆を考慮しない)
誰がみてもビナイが優勢だが、ポーのブレーンからして就任後ノビシロありえ何ともいないはず。現時点の比較は無意味としたい。いずれにせよ、良くなる。そこの問題は「政変」。
アメリカ合衆国。
状況は、hirokoが執筆PART2のまま。
舞台裏を明かすと、レビオ想定外の低迷で、カオスになっているのです。
要は、keikoが親しいUSA在住日本人フリージャナリストがガッチリ掴んだ裏情報では、ルビオが最後に大逆転をするプロレス筋書きがあった。その勢力が力を落としているんだ。
今月、有名人が無所属出馬なら、また一から見直さないとならない。
追記:
続編アップしました。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 29, 2016

弥生時代の感性を失ってると天皇陛下御製がわからない 日本の真実

tacchyです。

去年の、今上天皇陛下の御製で、日本民族は大仰天したよなあ。

「夕やみの せまる田に入り 稔りたる 稲の根本に 鎌をあてがふ」

1.普通なら、日本人が、夕闇に稲を刈りはじめることはありえない。

2.こんな激しい表現は史上に残る。間違いなく、歴代初。

要点は、この二点だけ。弥生時代の感性も失っていると、意味がわからない。

少々、綴る、

ここ3年、クルクルパー日本語メディアは、今上天皇陛下の御発言カットを何度も行ってきている。全文は宮内庁webにあるのにな。美智子皇太后陛下もだ。クルクルパー日本語メディアは、朝敵なんだよ。

安倍晋三と取り巻きが、宮内庁に天皇陛下ご発言制限を何度もいれている。これも朝敵だ。

朝敵を、日本民族は討たなければならない。

いざ鎌倉なんだ。

御先祖様の日本刀を、持ち出す時なんだよ。

この御製をうけ、東宮がハイレベルパネル会議出席。世界が待っていた、上品な外交デビュー。

あんな上品で知性溢れる外交、かわりなんかいないだろう。

この意味。

雅子様は学習院にも元気に顔だしてるのに、同行をやめさせた朝敵 安倍晋三と取り巻き。

皇太子殿下デビューに、政府専用機を禁止した 朝敵 安倍晋三と取り巻き。

麻生太郎閣下は流石に付き合いきれない。ハラワタ煮えくりかえってるか、葉巻届けながらそしてくらわしつつ、きいてみよう。個人後援会だし、いつも葉巻がレアで喜ぶ。

これが、日本国の真実だよ。

至極、単純。涙でるよ。

クルクルパー日本語メディアをすてる。そこから。恐ろしい。クルクルパー日本語メディアは、人間から、弥生時代の感性をも失くす。

だから、性格悪い私が、日本人に、日本民族に、慈愛の心が溢れている。

 


↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2016

2016年フィリピン共和国大統領選挙とアメリカ大統領選挙をズバリ分析☆PART2☆

hiroko@共同執筆者です。

申し訳ありません。一度公開した記事がオペミスで消えたので再送です。
原稿がなくiphone直打ちなので内容は同じ表現がかわるかもしれません。
tacchyが執筆した前稿リンク下記の続編です。
状況は日々変わります。
フィリピン大統領選挙は前稿から状況変化ないと思います。
アメリカ大統領選挙が混沌突入です。
keikoが親しいアメリカ在住ジャーナリスト佐藤さんが今回のいくつもの裏の鍵を握っています。佐藤さんがweb発信する情報を見ていると佐藤さんご自身が混乱しているように見受けられます。それだけ真っ黒なんでしょう。
敢えて佐藤さん見解を考慮しないtacchy路線を継承します。
もっとすすめば話が変わるかもしれません。
まだ有名人が無所属出馬してません。それを考えない前提です。
ポイントが2点。
a)大統領がならずものにはならない塩梅
b)二大政党制の危機
共和党。
トランプ候補がならずものブッシュ候補を完全に潰しました。
そして予想以上の人気です。これが混乱させています。
トランプ候補はプーチン大統領と会見後「ロシア愛」を言い続けています。
一番に世界が平和になることです。
トランプ候補は共和党と何の関係もなかったのです。トランプ候補が勝つと二大政党制が形骸化します。
民主党。
サンダース候補とならずものヒラリー候補。
サンダース候補が予想外の人気で混乱しています。この人気が数学統計上もっと伸びるとでています。
サンダース候補は民主党と関係がなかったのです。サンダース候補が勝つと二大政党制は形骸化します。
ならずものヒラリー候補は機密メールがロシアに渡ってからウィスキーショット呑み競争ばかりで壊れています。メール時期からアフリカ英雄カダフィ大佐殺害絡みの推測は誰でもできることです。ロシアが公開すると大変なことになります。もしならずものヒラリー候補が勝ってもロシアの手前ならずもの活動を推進できなくなるでしょう。
以上です。
誰が大統領でもならずものとならずものに敵対する経済主義などいろんな勢力が脅します。
そこから安心はできません。
-------
追記;
続編を執筆。

2016年フィリピン大統領選挙アメリカ大統領選挙ズバリ分析☆PART3☆

http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/tacchyal/2016/03/part-b7c9.html

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2016

hiroko☆ならずものが日本フィリピンに逃げてくる理由と今後

hiroko@アンへレスです。

主筆になるのはお断りしてます。共同執筆者です。
情報源もあかしました。
「アラブの春」「ジャスミン革命」「天安門事件」「マレーシア航空機事件」「イラク武力行使」「湾岸戦争」もう数え切れない暴力装置ならずものアメリカ戦争屋がクリミアと中東から追い出されようとしています。
ならずものは日本フィリピンASEANを狙っています。
他にいくところがなくなりました。
ツーカーの北朝鮮も怪しいです。
ならずものには日本フィリピンは女ギャンブル天国でいこごちがいいのですよ。ですからとても乗り気です。
ならずものの構想。
a.南沙と西沙で無理やり戦争をする。
b.北朝鮮がらみであくどい事をする。
でも軍事力から難しい可能性が高いですね。
ならずものヒラリーは極秘メールがロシアに流れてしまい追い詰められてます。過去の悪行を握られてしまい今後ならずものになれないかもしれません。メールを公開されたら大変です。
ならずものマケイン上院議員が過度アルコール依存症で政治家として機能しなくなってきてます。サタンが乗り移ったとはいえやはり人間で崩れたのでしょうか。
ならずものなのかユーロタイイムスが説明するダブルエージェントなのか判別できない女性上院議員は精神病発作でロシアに緊急入院しました。ダブルエージェントなら放置でしょう。ならずものなら自白剤で喋ってしまいならずものとして行動できなくなります。
ならずものは他を立ててきます。政治家なんて操り人形ですからね。
世界の平和と日本フィリピンの平和をお祈りいたします。
神様から愛が日本人とフィリピン人にありますように。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧