35 posts categorized "心と体"

March 09, 2016

hiroko⭐︎時差ぼけに スッキリ ハードワークも サプリメント カフェイン錠剤  いかがですか?

hiroko@アンへレスです。

時差ぼけ困りますよね。

今は時差ぼけ真っ最中です。苦笑

ストレスとかで不眠も起きますよね。

睡眠導入剤は飲みたくない。

サプリメントです。

 

 

逆効果にはカフェイン錠剤もオススメです。

紅茶コーヒー飲みすぎるとトイレがありますよね。

日本の薬局でエスエス製薬だけが一般販売しています。

米国から仕入れるともっと安いです。

結構飲んでますよ。

アンへレスでニューヨーク市場みてるときとかあります。

ニューヨーク変動から翌日東京市場動きがわかります。

朝スッキリしたいときもいいですよ。

 

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

 
 
 
 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2016

中レベルの虫垂炎だろう、それで9名のアドバイスに、病院いけちゅ〜のは一件もない。医学の最先端とは、こんな世界だね。

tacchyです。

このブログでもヒト医学関係を過去綴ってますが、削除は主義に反するからしないにしても、かなり面倒だが、昔のものに加筆をして、上記から私の考えと行動は全く変わりました、としないといけない。
ろくに役立たないいブログでも、更新しない日(ここ約一年間)でも、一日最低800はアクセスがあって、検索エンジンからなので、そのくらいしないと申し訳ない。
さて、元々、BBS,掲示板というのは全く趣味に合わないものの、ここ数年、よくでているBBSがある。フィリピン在住者も長いフィリピンとの深い関わりもあるお方や有名人などもいる。それは一端で、世界各国の日本人が出入りをしている。
これは、日本一といわれるブロガーのブログに付随しているものだ。何をもって日本一なのかは難しいがベスト5にははいるのだろう。そのブロガーは、私にとっては生物学の師匠筋になる。
つまるところ、とてつもないアクセスがあるのだが、日本人だけではない、つまり外国人からも多く、海外の政府筋官僚筋機関なども注視しているブログであり、その付随の BBSだ。世界中が注目している。だから主義に反して、その場所だけハンドルネームを変えている。かといって、必要あれば、表で、携帯番号や本名はチラチラ明かしている(^^;  自撮りすらなんどもBBSへアップしている(爆)
私はよく書き込むが、ブログ主への反論への対応返信であったり(反論への反論。つまり反論を理論的に粉骨させて散らせてやる任務)、どうしょうもない雑談だったり、ちゅ〜、でたらめな性格のまま。
BBSには、現在、医師の書き込みはない。かつては何人もいたので、かなり読んでいるROMは多いの必然。
医療関係者ならいる。
私自身が珍しく、SOSを皆にだした。
ここ数日、腹部が疼く。これまでないこと。ドイツ語人体解剖図をみながら、「縦の線」と「横の線」の確認で場所を特定すると、盲腸だ、という趣旨。
ありがたいことに、半日で9名から助言が集中した。
最近は多忙で、ブログをボンボン書いているものの、BBSにでてこないブログ主にも電話してくれた方がいて、でてきてくれた。
9名それぞれ、突っ込み方などは違うものの、慢性虫垂炎(今回、初めてのことも、急性の症状ではない、ということだろう。)か、中レベルの虫垂炎。
との意見。
そして、みなさん、一生懸命に、対応策を書いてくれている。
先ほど、感謝をしたところ。
因みに、9名の意見で、病院にいってください、というのはゼロ。
アクセス数がとても大きいので、特にROM専がいきなりでてきて、そういうのもあるだろうとか思ってたが、なかった。
良貨、悪貨を駆逐する、というところなのかな。
一人だけ・・・それとは真逆の内容を。ブログ主がわざとお茶目に「決して、病院にいって、切ったりしてはなりまぬ」という書き出しではじめている。
要は、9人の助言それぞれに、切り口とか違うものがあるけど、強く同じなのは、そんなものは、ヒトの自然治癒力で治るので、その為ならどうしたらよいか、という具体的なアドバイスであった。
一見、話が飛ぶ。
現代は、農薬、添加物など、発がん性物質ばかりがでまわっているのもあって、正常なヒトの体には、一日に2000〜5000個くらいのがん細胞が出現している。
それをNK細胞やマクロファージが捕食している。
欧米で、がんになって、何もしない選択肢が一番多いのは、これだ。
それで、マクロファージやNK細胞を活性化させるのは、医療ではない、生活だ。そこで、医学的には何もしない、という形になっている。
話を元に戻すと、この程度なら、病院にいってはならない、というのを実践していきますね〜。
私が大きく、意識変わったのは、抗癌剤を、親戚の叔父と、関係ある若いのがうけ、ふたりとも癌とはいえ元気そうだったのが、一転して、即座に廃人になってしまった。その状態は、あまりにもかけない酷さ。当然に再生は不可で、死んだ。
目の当たりにしたのだ。
目を疑った。
殺されたという強い思い。
そうか、癌が典型だが、医療そのもに殺されるの、特に日本で多いんだ、と経験値からじっくりくるものがある。
上記のふたりは、本当に癌だったのか、も、日本の医療では極めて疑わしい。
ありとあらゆる問題が、日本を餌食にしているんだよね。
世界で生産される薬剤の40%は日本で使用される。
世界で日本人の人口比率は、2%とかだろうよ。
この二行だけでも、わかる人はわかる。
わからない人はわからない。
それでいいのだ。
わからなければ、殺されればいい。それが本望なんだろうし。
そして、現在では、その合法殺人が、罪にならないからね。
わからない人、のことなど、こちらのしったことではない。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 02, 2014

日本人を救うのは日本人 「医学・物理学・生物学の世紀以上の奇跡の超天才」故:秋月辰一郎医師しかいない

tacchyです。

地球規模であれだけ被害がでたチェルノブイリ事故を遥かに超える事故が現在進行形で、地球規模の被害が多大ですね。

更に事故現場の状況が悪化の一途、もう地球が終わる寸前の綱渡りです。

この中心地である日本と日本人を救うのは、なんと日本人なんですね。

長崎原爆の爆心地2キロ以内にあって直撃をうけた聖フランシスコ病院。その医院長だった故:秋月辰一郎医師は、世紀に一人もでないだろう「物理学、医学、生物学」それぞれもそうだしそれらをまとめての超天才だった。

秋月辰一郎医師は非常に病弱で困っていた方ですが、原爆の直撃で、その天才性を発揮。秋月辰一郎医師とフランシスコ病院のスタッフは全員なんと生き延びた。

何か国語に翻訳されているでしょうかね???ドイツ語版フランス語版も所有していますし、AmzonのKindleでもありますしね。

だから、こそ、チェルノブイリ事故で、あれだけ離れたドイツやオーストリアやスイスが中心だったのですが、こぞって、民間レベルから自治体レベルでまで、日本へ、「味噌を送ってください」とSOSが来たのは、秋月辰一郎医師の図書が原因です。

それだけ世界が認めているのですよね。

端的に書けば、秋月辰一郎医師は、スタッフ全員、そして長崎原爆で運ばれた瀕死寸前の被害者へ、

・天然塩をつけた玄米

・ワカメの味噌汁

・甘味は厳禁

を通した。

敗戦で物資がない時代というのもありますけどね。

それが物理学、生物学、医学で、極めて正しかった。

秋月辰一郎医師とスタッフは全員、生き残った、というその実績でわかりますよね。

世界の超天才の実践の理論だ、と。

生物学ということでは私も専門ですが、いったい生物学のいくつのジャンルをも制する理論でしょうか。

医学には疎いですが、いくつの医学の学問を制するのでしょうか。

秋月辰一郎医師のその天才ぶりには、まさしく脱帽するしかありません。

但し、現代の日本の味噌は全く効果がない。その理由も書いています。

参考記事:

新・改 私の持病薬とサプリメント アンチエンジングは現役の方にも参考になるはず

この記事のサプリの1。2.3.4.を私や家族がしているのも、この時代をどうにか生き残りたいからですね、

味噌を正しい古典な味噌にしても、古典を守る調理法・・・当たり前のことですが、味噌を投入したら、お湯を絶対に沸騰させない、とか、そういう最低限のルールを守らないと、酵母が死んでしまって、意味がなくなりますね。

酵母や乳酸菌が生きている状態だから、こそ、ワカメの味噌汁が、まさに奇跡的に、全員を救ったのです。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (9) | TrackBack (0)

ラオアグ空港の待ち時間はスンナリ過ごせました マッサージは妥協の心でなら楽しめる

tacchyです。

ラオアグ空港。国際空港なんですけどね。

到着の時はろくに観察できなかったのです。

そのラオアグ国際空港で、数時間、過ごすことに。

どうせレストランもないかなぁ、とあくまでも想像で、近辺には、屋台とかそこそこあるだろう、どうにかなるだろうと、思っていました。

セブパシフィックですね。

まずはセブパシフィックのチェックインです。狭い空港で、これが早い時刻でも混み合っている。まぁ、優先されたので、すぐ済みました。

優先されないと、チェックインする為にも、暑い外で、ちょっとした行列など並ばないといけないですね。

中には、一応、食堂がありました。

エアコンも、少し効いてはいました。

あくまでも食堂ですね。メインはカップ麺とか、そういう感じ。調理をしてくれるといえば、サンドイッチ類とか、朝食に多い・というか朝食以外ではあまりみないロンガニサと野菜などの定食とか、あります。

飲み物も既製品がメインです。

ポケットwifiが、空港内であれば、3Gがキープできます。

3Gがキープできて、完璧ではないけどエアコンがある、それで、時間を過ごすのは、苦痛ではないです。

あと、フィリピンの空港では多いマッサージ。

これで、かなり時間を潰せて、また、楽しむことができます。

Photo_3

私は、マッサージと鍼には、すごくウルさいのですけどね。

日本で商売するそれらの95%以上を強く否定する立場です。

「足裏按摩」だけでも、全身の懲りは勿論、内臓の問題まで解決に向かうも。、鍼となれば、完全な医療行為と認識していますからね。

それらが本格的な、マカオ、香港、大陸にしょっちゅういる立場からすれば、当然ですね。

特に大陸となると、それが安価なのに、本場の治療を受けることができる。

フィリピン全般のマッサージが低レベルである中、空港それぞれでは、それなりの教育をしている模様で、その環境の国としては、一定以上のレベルを持ってはいる。

そこは、もう譲歩して、楽しむ、という心であれば、このプライスも問題ないです。

私の場合は、もっと強く、とか、そこをもっともみほぐせ、とか、色んなリクエストをするので、チップは支払いますけどね。

リクエストがないなら、こと空港なら、一般では混みのプライスなので、必要ない、と思いますけどね。

私の好む強さというのは、日本で私が金を支払う対価があると認めたマッサージ師によると、「この強さだと、普通の人は、ヒャーとか声をだして、やめてくれ、という世界ですけどね。」というほど。その強さを、そのマッサージ師は、指のみでできるから大したもの。

現役を隠居して、かなりの凝り性から、解放されて、気分も優しくなっているのもありますけどね。

まぁフィリピン街中では、まずうけないマッサージですけど、空港のは、昔から、そこそこ楽しんでおりますね。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (14) | TrackBack (0)

February 27, 2014

新・改 私の持病薬とサプリメント アンチエンジングは現役の方にも参考になるはず

tacchy@マカオです。

マカオで短い隠居生活です。

一度、持病とサプリメントの記事を書いてますが、端折ったものなどあり、また整理したものも多いので、改めて記事にします。

現役を隠居しているけど、アンチエイジング目的のサプリメントは現役時代に重宝したものがいくつかあり、参考になればと思います。

持病は、「メニエル氏症候群」と飲酒時の「睡眠時無呼吸症候群」と、やはり飲酒で強くでる(最近は飲酒しないのですっかり治まっている)「逆流性食道炎」(治まっているとはいえ、手術しないと一生治らないし、加齢で悪化しやすいので要注意)。

ピルケース含め、常にどこでも携帯しているのは

1. Rosuvastatin 「クレストール」

基本的に、まだ毎日服用。コレステロールを落とす新薬。

2.Acetazolamide「ダイアモックス」

基本的に毎日、服用。「いびき」の完全解消と「メニエル氏症候群」の予防。

3.Sodium rabeprazole 「パリエット」

逆流性食道炎の薬。飲酒してなく治まっているけど突然に吐き気がくるのでピルケースで必ず携帯。良く効きます。これがないと突然に嘔吐してしまうかも。

サプリメント

1.黒麹ドリンク おきなわ循環生活 黒麹が生きています。

海外からジャパニーズ・ヨーグルト等と大絶賛、大称賛、大評価されています。

2.生きた酵母の天然味噌

「大分県の日田醤油」から取り寄せが多いです。天皇陛下献上の味噌。

信じられないけど現代の味噌は出荷で殺菌をしていて酵母が死んでいるのです。そうしないとスーパーの店頭で爆発的事象が起きますからね。全く味噌の意味がない!!!

海外どこでも持っていきます。

3.処方薬「ビオフェルミン」 生きたビフィズス菌

Img_1012

常に大量の処方箋を切ってもらっています。

4.売薬「アペテート」 生きたビフィズス菌や乳酸菌+納豆菌

Img_1013

注:3.4.は薬ですがまず副作用はないので用量は最低3-4倍とっています。

1.2.3.4。は色んな目的ですけど、最終的にはマクロファージの活性化です。

人間の体内では、癌細胞が毎日できていますが、それらはマクロファージが普通は捕食してしまっています。その体内システムの強化ですね。

乳酸菌は、趣味で培養までしてて、息子にまでやらせているのですけどね。

5.プラセンタ

今のは株式会社オーガランド イタリア豚由来

6.ウコン濃縮

クニッツウコンを中止して切り替えました。ウコンそのものやめようか困っています。

7.カルシウム+マグネシウム

8.ローヤルゼリー 香港マカオで上質なのを探しますが安価で良いです。

9.ビタミンC 通常時は毎日2000-4000mg

注:ここまでが毎日服用。以下は適当に。アンチエイジングですが、現役時代に徹夜で良く効いていたものばかり。

10.マカ+冬虫夏草

11:人参+鹿茸+霊芝

11.は絶品です。高麗人参の単品が高価であれ私には何かに効いたことがない。これは配合が素晴らしいのでしょう。単品の鹿茸や霊芝が効きますが、この相乗効果が凄く良い。若い頃にコリアの国際空港でたまたま見つけて、効くのでびっくり。いく人に頼んでは、このユーザーが増えていきました。頼むとその人も買いますからね。そうすると効果実感で輪が広がるのですよね。

12.マルンガイ フィリピン製

体調が問題ないので、ちょっと格下げです。

13。オルニチン

現役時代は重宝。持続で効果ありますね。

日本だと「協和発酵バイオ」がいい。化学合成しているメーカーがお勧めです。

また生活習慣が変わったり、体調で、大きく変わることも多いと思います。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (46) | TrackBack (0)

February 24, 2014

イビキにも効く薬 睡眠時無呼吸症候群や万能 Acetazolamide「ダイアモックス」

Img_09411

tacchyです。

香港国際空港のラウンジで、日本の国立大学大学病院勤務の医師と知り合い、話がかなりあったので、お近づきになれました。

どの国でもラウンジは、そういうチャンスが多くていいものですね。

私の話が面白い、と評して頂いて、今でも交流があるのがうれしいです。

特に医学の話じゃないです。

ただ、こと医学的には、私が現時点困っていることが二点あったのですが、うち一点をちょっと質問してみたら、素晴らしい回答を頂いたんですね。

「睡眠時無呼吸症候群」には、日本では商品名「ダイアオックス」が良く効いてお勧めだ、と。

因みに、この医師さんは全く関係ない科です。

まったく知らない薬剤だったので、目から鱗、早速、日本のホームドクター整形外科医からドバドバ処方箋を切ってもらいました。

画像が日本バージョン250mg。

私は鼻の構造がよくないので、昔からイビキはかきます。

普段はそれだけです。

そのイビキにも、この薬剤がよく効くのですよ。

これはびっくりです。

最近、完全にアルコール不感症になってしまい一滴も飲んでませんが、飲酒をすると、、確実に「睡眠時無呼吸症候群」になるのです。家族も心配しています。息子に頼んで証拠ビデオもいくつか撮影しています。

しかし日本の自称専門医は、毎月に安くない費用が発生する特注マウスピースをさせたがったりとか、面倒で金がかかることをいうのですよね。

飲酒をしてないから、完全な実験はできてないけど、イビキも解消したんなら、この薬剤で、心配もなくなるのかな、という感じです。

誰でも簡単に調べられる時代ですが、ちょっとひけば、この薬は不思議な薬。高山病に一番使われ、利尿剤が二番目かな、という感じ。そして、睡眠時無呼吸症候群、そしてですよ、私の持病で各国で入院する「メニエル氏症候群」にも効く、という、個人的には凄い優れもの。持病の予防になりますからね。

さらに癲癇にも効くとか、妙に不思議です。実は多くの薬って、最初から何に効く様に開発されたものの方が遥かに少なく、偶然の産物で、結果として、あれにきく、これにも効く、という薬剤が実は多いのです。この薬剤はその典型なんでしょうか。

国際的には、「Acetazolamide」です。香港の行きつけの薬局なら、ジェネリックが定価でも、多分100錠で、日本円換算1400円位で入手できそうですね。100錠単位の購入で、交渉すれば、もっと安くなるか、と。

ただし、注意書きと飲み合わせ禁止などある薬剤なので、ご利用は慎重に、という処ですね。

日本では心が通じるオームドクターがいれば、雑誌で読んだとか、国立大学病院医師にきいたとかいって、相談すれば、処方してもらえるんじゃないんでしょうかね。

医師が医師用の薬剤一覧を調べると、そう危険な薬ではないのですよね。

但し、私としては、人によっては、危険な薬剤だと思います。

あとは自分で、WEBの添付文書をよく読んで気をつけるのが一番かと。

もちろん、日本以外なら、薬局で買えますね。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (18) | TrackBack (0)

February 11, 2014

歯科治療の憂鬱 これこそこの辺りのどこの国でもヤブ医が非常に多いんだ クリニーングをサボった罰がくだったよ(泣)

tacchy@マカオです。

私はどこにいようとも2-3か月に一回は歯科にクリーニング(スケーリング)にいきます。

勿論、歯磨きはちゃんとしますが、不精なので歯間ブラシを使った丁寧な事は省略、あとシガー(葉巻)とパイプをたしなむので、普通のスモーカーよりかなり汚れますから。

一番は入れ歯になりたくないってのがあります。

ついウッカリしてて、一年以上サボってたんですね。

マカオのデンタル・クリニックでクリーニングしてきました。

アンヘレスだとフィールズ通りのチョーキンの横の二階が女医さん二名いてなかなかよいです。ただクリーニングは、というところまで。

クリーニングをすれば、当然、歯の状態をチェックできるのですよね。

サボっていた罰として、虫歯が5か所もあることを指摘されました。

確かに、たまにシミたり、痛かったりはしてたんですね。

この歯科治療となると、フィリピン、マカオ、香港、日本も、その内容は全然違うけど、かなりのヤブ歯科医やトンデモが多いので、注意が必要だし、非常に憂鬱なんですよね。

歯科だけは、クレカ付帯の海外保険が効かない。

日本はともかく回数がかかるのが最悪です。日本だと保険適用を維持はしてますが、日本で信頼できる歯科医一名は、自由診察で保険が適用できない。

フィリピンだとクリニックの腕の差異が大きすぎる。デンタル・ホスピタルなら良いとはききますけど。

多分、明日辺りに、日本に飛んで最低2-3週間はいると思うので、自由診察の歯科医にお金がかかるけどいくか、保険が適用だけどそこそこ回数少なくてそう腕も悪くない歯科にいくか、一寸悩んでいますね。

実際にデンタル・ドクターから虫歯を指摘されて、メンタル面からも余計にそうなったんですけど、歯科のシミるとか痛さって、本人じゃないとわからない、それだけでも最悪なものですよね。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (53) | TrackBack (0)

February 10, 2014

老眼と近視乱視で苦しい フィリピン香港タイ日本のレーシック手術は失敗例が怖いんだよな 元々はメガネ大好きだけど非常に不便だな

tacchy@マカオです。

小さい頃から読書のし過ぎ、勿論のこと正しい距離とか明かるさの問題もあったかと思いますが、近視と乱視が強くて、裸眼では両目とも「0.1」が余裕でみえません。

ただ、ブームとかの前から私ってメガネが大好きなんですよね。

今でも10個は持っているだろう位。正確には数えられないですけど。

コンタクトをしたことがないです。眼鏡が好きだからです。

日本で眼鏡やコンタクトが保険適用外とか税金の医療控除の対象外って理解できないです。

知人でレーシック手術を受けた方が4人もいます。幸い成功していますけどね。タイと香港ですね。フィリピンと日本も有名ですね。

ただ、レーシック失敗例が色々あって、そうなると修復不可能だから、怖い処ありますよね。

その頃は全く考えていませんでした。

最近は老眼(遠視)が妙に強まりました(泣)

老眼が始まったのは実は早かったのです。40歳過ぎで。早すぎると泣いていましたが、最近は加齢でその度合いが強いのです。

こうなってしまうとレーシック手術を受けるのも視野にいれています。

遠近両用メガネ、今もかけてはいますよ。

私のトレードマークの一つである昭和天皇陛下スタイル。これだけでも3個所有です。

欧米人が「ジョンレノン・スタイルだな」とよくいうので、私は怒って「これは、ヒロヒト・スタイルだぜ」と普及活動にいそしんでいます。

Img_0960

今かけているのは、フレームがゴールド。画像は、シルバー、ブラック。

この3つの内、ゴールドとブラックは遠近両用なんですけどね。

遠近両用は、普通の視線で近視乱視の対策、視線を落とすと遠視の対策。

自然に視線を落としやすい読書系や角度を自由にもてるタブレット端末には良いのですけどね。

ただ、階段を特に降りるときに、視線が狂うと非常に危ない。

また真正面のものが見えない。一つの例で、最近はタブレット普及でメーカーがあまり作らない10インチ11インチのモバイルノートをみている時とか、非常に困るのですよね。

他、色々と不便なことがあって、レーシック手術に踏み切るかどうか悩んでいる処です。

遠近両用ではないメガネは、セルのフレームでいくつも所有ですが、老眼でみえないものをみる為にしょっちゅう外すので、すぐ緩んでしまい、常に眼鏡屋で調整が必要です。

メガネ好きには、セルのフレームも良いものなんですよね。実に楽しめる。

やっぱり香港が第一候補。一番入国しますしね、今も高速艇ですぐの真横にいますし。他の国(フィリピン、タイ、日本)は私からみれば横並びです。

だけど、失敗例が怖すぎるのですよね。

純粋な数学の確率の問題か、医療の精度の問題か、そこが不明なのも嫌なことです。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (12) | TrackBack (0)

February 05, 2014

コレステロールは速やかに落ちたが、ハートアタック避ける今後に生命を賭けた自己責任の生き方が難しい

tacchy@マカオです。

前回の採血もアンヘレス直後のマカオだったのですね。

12月1月のフィリピンが多大な要因のコレステロール異常値。

前記事;コレステロール322 ハートアタックだけは死たくない フィリピン人は薬剤の副作用に敏感 新薬が効くのだけどね January 21, 2014

今回も、ここマカオで採血しました。

この間、毎日「「Rosuvastatin」を夕刻か寝る前に「5mg」服用。

僅か約2週間で、なんと総コレステロールが「322」から「186」へと劇的に速やかに落ちました。

多分、「Rosuvastatin」は日本で開発されて日本商品名クレストールだと思われます。

この薬剤が、私という個体に合っているのと、現在は肝機能が正常値なのもあると思います。

・私という個体があがりやすいかもしれない

・あくまでも薬剤服用での正常値

を念頭にいれて、今後、まさに生命を賭けた自己責任の道を行くしかないのです。

大袈裟じゃないですよ。

・多くの知人がハートアタックで死去したフィリピン

・欧米で極小だけどコレステロールは100台よりも「やや高め」の方が良い、という医学論文が出ている。むしろ100台は早死にしていると。ただ現時点で鵜呑みにできず、もっと臨床結果を待たないといけない。

・何事にも、製薬会社の大きな陰謀があることが多い。

・薬剤は、飲まないに越したことがない。程度の差はともかく、必ず身体に副作用・反作用がある。

という処です。

今後は、

・地道に、「2.5mg」に量を落として、極力毎日服用をする

・基本はやめてしまい、危なそうな食事をした時や、亜熱帯と熱帯で特にフィリピンでは服用する。

これを自己責任で選択しないといけないのです。

誰も何の責任をとってくれませんからね。まさに自己の判断です。その結果が寿命なのです。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (41) | TrackBack (0)

February 02, 2014

純正シアリスとジェネリック・タダラフィル 金額の差違が大きすぎるなあ。

tacchy@マカオです。

香港の薬局で色々買ってきました。

そのうち、シアリス関連。

って、私は低血圧だから服用が不可だし、そもそも性欲を抑える生活を心がけているので全く無縁、知人らの依頼だけですけどね。

Img_0948


純正品シアリス 20mg 1シート 10錠 です。

この1シート10錠で、日本円換算すると約2万円。

一箱は、4シート 40錠 の単位です。一箱約8万円。

箱単位でとなると、ある程度の値引き交渉ができるのですよね。一寸シアリスは卸値までは難しいですけど。

Img_0949

シアリスのジェネリック・ダダラフィル。一箱1シート2錠、一箱2シート、4錠。

この一箱で、日本円換算で2000円で余裕でお釣りがくる。

これは卸値ではなく、一般売価です。

正規品とジェネリックで、ここまでの差違って激しいですね。

ジェネリックの製造国の問題と製造国の物価もあるのですけど。

ただ、やはり、正規品が非常に人気ある模様です。

絶対に間違いないからでしょうか。

どうしても服用のタイミングを気にしないで済むシアリスの人気が絶大ですね。

それだけ依頼が多いです。

こういうの使える方々が羨ましいなあ・・・・・・・。

みなさま、どうぞ、お幸せに☆

無理はなさらないようにお願いいたしますm(__)m

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

| | Comments (60) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧