« 横浜口開港記念バザー@横浜公園 | トップページ | 九龍坊、再び やっとランチにありつけた☆ »

2011年6月 5日 (日)

横浜市保土ヶ谷区の土壌汚染の実態

tacchyです。

横浜市保土ヶ谷区の土壌汚染の実態の情報がはいりました。

横浜市各地、放射能汚染が段々みえてきました。

放射性物質がかなり降り注いでいますね。

これだけデータが揃ってくると、深刻さがわかります。

速報でお伝えいたします。

情報提供者の方からの、限られた発表になります。

横浜市保土ヶ谷区神戸町の公園の土壌(5/26採取)
ヨウ素131: 102 ベクレル/kg
セシウム134: 464 ベクレル/kg
セシウム137: 435 ベクレル/kg
(セシウム合計: 899 ベクレル/kg)

参考データ1:

2kgほど離れた保土ヶ谷公園の2009年のデータでは、
セシウム137が2.2ベクレル/kg程度でした(セシウム134は定量限界以下)。
神奈川県衛生研究所のデータより
http://www.eiken.pref.kanagawa.jp/005_databox/0503_shiryou/0503_radioactive.html

参考データ2:

神奈川のほかの地域のセシウム合計(134+137)は、
平塚市 露地畑 72 (3/25)
相模原市 露地畑 202 (3/25)
三浦市 露地畑 67 (3/25)
小田原市 果樹園 97 (3/30)
海老名市 露地畑 139 (3/25)
との発表があります。
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p224408.html

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

|

« 横浜口開港記念バザー@横浜公園 | トップページ | 九龍坊、再び やっとランチにありつけた☆ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66416/51857714

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市保土ヶ谷区の土壌汚染の実態:

« 横浜口開港記念バザー@横浜公園 | トップページ | 九龍坊、再び やっとランチにありつけた☆ »