« 2016年12月 | トップページ

2017年1月

2017年1月11日 (水)

横浜 馬車道 お野菜が喜んでるフレンチ

tacchyデス。
関内と桜木町だと、中間地点かなぁ?馬車道デスね。
ルサロンドレギユームさん。

ともかく、お野菜がとても喜んでる そういう方向に、技術を傾けてて、とても ありがたいお店。

普段使いから、パーティ、好みだけど披露宴までシッカリ対応できる、お店じやないですかネ。

画像は
2016.12.28ランチ。

¥1,500カラあったけど、¥2,500の お野菜20種のコース。

Img_2837

お野菜のテリーヌ。
看板のひとつと思う。
とても 繊細でネ、時間かけて、ゆっくり味わうと、至高だネ。
好みで、バルサミコや 塩3種など、添えられている。

Img_2842

蕪ポタージュ。
コレも、繊細で、かなり恍惚としてしまったナァ。


Img_2844


メインは、お魚が、真鯛ときいたので、お肉 何種かあるのは説明聞かずに、真鯛グリルに。
ソースは、アスパラガス。
冬なので、添えられているのは、ほぼ根菜。

関連ランキング:フレンチ | 馬車道駅日本大通り駅桜木町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横濱関内 牛カツ専門店としては貴重 あとは好みの問題

tacchyデス。

実は、牛カツ ビーフかつ って、ダイスキなんだよネ。
その専門店としては、横浜の関内にある 存在だけでも、とても貴重なものだヨ。

Img_1585

お肉は、かなりイイもの。
その自信の表れか、塩 何種か、用意している。
オイラは、わさびで半分頂き、残りは特製の赤ワイン ソースだったが。
満足度は、高いヨ。
麦飯おかわり自由だしネ。
美味しいけど、ビジネス街としての、コスパ考えると、ま それなりのもの、ださないとネ。


Img_1584

60秒ほど揚げた牛カツを、コレで、自分で加熱してから、食べる。
コレが、衣ついたカツで、やる、というのが、私的には、かなりの、マイナスポイント。
ソレを、喜ぶ方々も、いるんだろうけど。
オイラは、肉なら、
プロに完全にやってもらうか
最初から最後まで 自分でやるか
どちらかの 主義だし、的をついてると 自信あるんだけどナ。
いわゆる、ステーキハンバーグを熱い鉄板に乗せて出すのも、全く理解できない。
さて、これさえなければ、それなり、現在の平均ポイントよりも、もっと高いポイントだしたんだヨ。

関連ランキング:串揚げ | 関内駅馬車道駅日本大通り駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヌーベルシノワとして洗練されてても 基礎の中華調理に疑問なのが

tacchyデス。
関内のヌーベルシノワ 貴重だとは思いマス。


Img_2749

この、スープは、とても薄味で、故意にだろう出汁系も薄く、化学調味料を感知しない(ミスして、最初に飲まず、お料理ソコソコ食べてから飲んだので、舌が、完全にそうとは言い切れない)、私的には、大変、素晴らしい出来。
コレは、とてもイイ。
横行する 強引な中華に慣れてる日本人は、物足りないか言いそうなモノで、それがとても価値ある、ウレシいもの。

さて、このチャーハン。
ズワイガニとレタス。
ハッキリいうが、炒飯としては、論じれない。
薄い味付けは、かなりイイんだよ。だから、もったいない。
テクニックいらないタイ米 長種米 使えば?
これでは、ピラフだよ。
チャーハンって、別物。
もっとも、生粋のハマっ子として、中華街に詳しいが、特に最近、チャーハンが、この程度の店とても多いのは、確か。
香港や中国に、よく行ってれば、とても受け入れられないものの、多くの日本人は、余り感じないのかなぁ?


Img_2752

牡蠣の唐辛子味噌炒め。
味付け、盛り合わせ、具のバランスは、とても、イイ。
味良し。
なんか、香りが、足りない。
素材の 香りが、生きてない。
結局は、炒飯の出来が物語るように、炒め に、弱いと、いえるのではない かなぁ。

Img_2749

関連ランキング:四川料理 | 馬車道駅日本大通り駅関内駅


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ