文化・芸術

2011年6月18日 (土)

ホタルと戯れる子供たち@瀬上沢 in 横浜

tacchyです。

住んでいるところから10分も歩いたところが、瀬上沢でして、ホタルのメッカ?になっています。

よくパトロールにいきます。

Sany0063

季節的に、今は、ゲンジボタルの最盛期です。

ちょっとで、100はみることができます。

もう少しすると、ゲンジボタルが減ってきて、ヘイケボタルのシーズンになるでしょう。

舞うゲンジボタルの動画。

ゲンジボタルは、人懐っこいものです。

4歳の娘がゲンジボタルを手に乗せて戯れている動画。

あまり、ホタルも人の皮膚の温度に触れすぎると弱ってしまうので、短時間にさせてあげなければなりません。そういう配慮もしないといけませんね。

今では、都市部では、貴重なホタルですから・・・・・・・・

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

瀬上沢のゲンジボタル、最盛?100はみました。

tacchyです。

また今年もゲンジボタルの季節がやってきました。

ホタル(ホタル)は、まずゲンジボタルからシーズンがはじまります。

瀬上沢は横浜最大のポイントでしょうか。

幸い、歩いて10分もかからないところに住んでいます。

ゲンジボタルですね、まずはこのシーズン。

人懐っこくて、子供たちが手をだすとその手に止まったりします。

ですから、子供たちも大喜び。

人間の体温にあまり触れるとホタルによくないのですけど。

まぁ、息子はそれをしっていて、すぐ離してくれますけどね。

まだ4歳の娘は、まだそれがわからない。

100匹は余裕でみれたと思います。

これから、観賞パトロールの日が結構、続くと思います。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

瀬上沢のホタル事情(最新)

tacchyです。

ここ一カ月、ホタルの話題が続いています。

近所のポイントですが、派手で数が多いゲンジボタルはシーズン終了のため、遠くから観察にやってくる人たちが激減しました。

それでもチラチラ人はいます。

まだゲンジボタルの舞いがみれると誤解している人たちも多く、残念がっていたりします。

私と息子は研究を重ねて、ポイントがちょっと違うヘイケボタルをみつけているので、教えてあげるようにしています。

ヘイケボタルもまだ数はいません。これからがヘイケボタルの本格的シーズンになるのでしょう。

今日の観察の様子の動画です。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

ヘイケボタルの時期へ(ゲンジボタル終了)

tacchyです。

上郷というか、瀬上沢の話題です。

3週間程前にこんな記事を書きました。

ホタル観賞はクライマックスですよ

これはゲンジボタルの話ですね。

そして、それも数日前までは、そこそこ続いていました。数は減ってきていましたが。それは季節ものですからしょうがない。

ここで、この近辺には、ゲンジボタルの季節が終わるとはじまるヘイケボタルもいると、色々きいてはいたのです。

ところが、確実な情報源は全くはいってこず、結局、試行錯誤で、私のこれまでの人生の(大袈裟な表現?)知識と経験と、そして、このあたりの土地のことを考え、まず第一候補に想定したヘイケボタルがいそうなポイントにいってみました。

大成功でした。

もはや季節が終わったゲンジボタルを求めてくる方々(遠くからくる方も多いようです)が肩を落とす行き帰りの道でしたが、そして今までよりずっと歩きましたが、ゲンジボタルとは違うヘイケボタルの舞いを今日、この目で確認してきたのです。

子供たちも大喜びでした。さすがに7歳になる息子はゲンジボタルとヘイケボタルの違いもすぐ見分けられました。生物学肌なら、私の血をひいたのかな?

今日はあくまでも机上の空論で想像したものが大当たりしたのですが、まだまだその続きで、大きな第二候補のヘイケボタルのポイントも想定しています。

が、さらに遠いので、今日はそこまで確認しにいくことができませんでした。

ちょっとなめてサンダルを履いていったから、多少は昼間の雨でぬかるんだ決してよい道ではないところを長く歩くのがつらかったのもありますね。

また今週、天気次第ですが、折をみて、確認してきてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

ホタル観賞はクライマックスですよ

tacchyです。

港南区近辺のホタル観賞が、かなりクライマックスになっていますよ。

一昨日、家族ででかけたときの動画が下です。

一昨日は小雨ふっていたので、あまり奥にいかなかった。

今晩は天気もよくて奥までいきましたが、8匹以上光りながら乱舞しているのがよくみられ最高です。

ポイントは、県立栄高校(旧・上郷高校)の裏の下です。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

秘境スポット「田谷の洞窟」@大船

tacchyです。

大船にある日本でも貴重な秘境スポットがあります。

「田谷の洞窟」。

子供のころ何度か大船からバスでいきました。

今回は、何十年ぶりに車でいってきました。

環状4号線で田谷の交差点をまがってすぐです。

駐車場はある程度の台数をとめることができます。

いったのが日曜日・・・秋の涼しい日になってしまいました。

洞窟内は、洞窟のなかにある川のせいか、真夏にいってもとても冷えています。

そういう意味では、夏にいくとより感動?が深いスポットです。

私がうん十年前に何度かいったときは、ある程度、人数が集まれば、お寺の住職さんが説明をしながら案内してくれたのですが、今は、ひとりひとりそれぞれ自由に回れるようになっています。

拝観料を払い、ろうそくをもらって、入口でろうそく立ての木をとり、ろうそくに火をつけ、進んでいきます。

ろうそくの灯が消えそうになるので、ゆっくり進んでいきます。

田谷の洞窟の歴史はとても古いのですが、その発祥の諸説はおいて、主に鎌倉時代に、密教の修行に使われ、壁面に素晴らしい彫り物などがあります。

内部はかなり広い迷路状態になっています。

ぜひ、みなさまも試してみてください。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

鴨居の灯が消えていく…伝統の真鯛一本釣り(タテ釣り)

007 008

tacchyです。

日本で、真鯛といえば、東京湾。

しかし、一般流通ルートではみかけないので、これをしらない方々が多いです。

徳川幕府も天皇家も、一番重んずるのが東京湾のマダイです。昔から「献上鯛」といわれる所以です。

ですから、環境保護などの観点から、東京湾のマダイ釣りでは、アミコマセは禁止されています。

ではどうやって釣るか。

古典的に、コマセを使わず、活き海老を使っての一本釣りです。

横須賀の鴨居では、完全な手釣りでこれを行い、「タテ釣り」と呼ばれます。

本来、職漁の技術ですし、素人では難しすぎる釣りですし、いわゆる釣り舟では殆ど行われていません。

補足すると、千葉の竹岡及び周辺では、手釣りに近い手羽根竿をつかって、やはり活き海老で行います。

さて、この横須賀の伝統のタテ釣りの灯がほとんど消えてきました。

私は、横須賀・鴨居の伝助丸の船長・丸茂氏に師事してきました。

この伝助丸は、一度、相手の舟の不注意により、海難事故にあい、船体が破壊されました。もちろん、加害者の金沢の舟などから、保障はされましたが。

当時のニュース:

-------------------------------

2004年11月17日(水) 

漁船と釣り船が衝突、1人軽傷 神奈川・観音崎沖

 17日午前7時半ごろ、神奈川県横須賀市の観音崎沖で、漁船「伝助丸」(1トン)と釣り船「第7太田丸」(12トン)が衝突し、伝助丸の船長で同市鴨居2丁目の丸茂茂さん(69)が胸を打って軽傷。第7太田丸には船長のほか客6人が乗っていたが、けがはなかった。

 横須賀海上保安部などによると、伝助丸はタイの一本釣りをしており、第7太田丸は漁場に移動中だった。船首同士がぶつかり、伝助丸が動けなくなったため、第7太田丸が引っ張って近くの鴨居漁港に入港したという。

-------------------------------

さて、この伝助丸の丸茂船長は、このあと、肺がんを罹患し、昨年10月に故人となってしまいました。

しらせをうけた私は、多忙な仕事でかなり遅れて鴨居港にいきました。

気さくな船長さんは、いつも私を家にあげてくれ、奥様手作りのごはんなどごちそうになっていました。

私がいった日は、葬儀などがすぎて2週間以上たってからですが、家がかなりごたごたしていたようで、いつもご飯などの世話をしてくれたおかみさんに会うことができませんでした。前もって電話をしなかったので・・・

懐かしい、思い出が詰まった船は、エンジンが外されている状態で、まだ漁港に係留されていました。

船にはいると、思い出がつまった小物などが一部残っていました。

港で2時間ほど、故人・丸茂船長の話などを、港にいた漁師さんたちとお話をして、最後に、花を伝助丸に残して帰りました。

どこも、跡取りがいないため、もはや、歴史ある横須賀・鴨居のマダイ一本釣り(手釣り)のタテ釣り(テンヤ釣り)の灯はほとんど消えかかってしまう・・・・

跡取りがでてこないのは、海の状況などで、そうそう職業漁があまりよい結果でないこともあるのですが・・・・

こんな素晴らしい伝統技術が消えていくのは悲しいことです。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

あーすぷらざ

tacchyです。

横浜・栄区本郷台駅そばに「あーすぷらざ」(地球市民かながわプラザ)ってのがありまし
て・・・
いろんな文化交流などによく使われます。
国際交流系が多いですが、それに限らないです。
普通のクラッシク&ジャズ・コンサートなども行われます。

毎年、国際フェスタが行われますので、色んな国際屋台がでて楽しいです。ぜひ、一度、いってみてください☆

ここの5Fに、「常設展示室」ってあります。
いろんな国の文化の紹介がされています。

子供と遊べるようなものも多いです。

日本の歴史もあります。しかし、思想は入っていないです。

↓クリックでランキングにご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

Earthplaza1_2 Img Sany0060 Sany0061 Sany0062 Sany0063 Sany0064

| | コメント (0) | トラックバック (0)